1杯100円のティーバッグ買っちまった!待ってるのは後悔か、それとも

買ってよかった!もの

誘惑に負けた。買っちゃった「1杯100円」ティーバッグ

ミニマリストなうつヌケフリーライター、日野成美です。

いまあるお金を、明るく。をモットーに生活しています。

 

安いものを美味しく食べること、リーズナブルな品を楽しく使うのも大好きです。

が、たまには。

高くて良いものを買っちゃうこともある。

 

高級ティーバッグ5箱。

3000円相当を1500円で売っていました。

セール品です。

地元・茨城県ではかなりメジャーなブランド紅茶「花水木」様のお紅茶!

ストレス溜まってたんでしょうね。

 

今日は買ってよかったものの記事!

仕事のお供の紅茶を良いものにすることで、結果的にすごい節約になりました。

ティーバッグ1袋100円

ティーバッグ、1箱5袋入り。

定価は約500円。

1袋、約100円。

 

フレーバーティーのティーバッグです。

ストロベリーや桜など、春のフレーバーティーの在庫をお値打ち価格で売っていました(※今は11月)

「セール品を買って後悔する」は、節約生活あるあるミス。

この買い物を「浪費」にするわけにはいかない!

購入動機

日野はコーヒー党。マイルドカルディ大好きです。

一方で一時期は重度のカフェ依存でもありました。

今もカフェは大好きです。週に何度も行きます。

 

一人暮らしの在宅ワーカーは孤独なんです!

 

そんな私の家計簿はいつだって「いかにカフェ代を減らすか」との戦い。

「高い良い紅茶を飲めば、カフェに行かないライフスタイルが実現するのではないか」

という目論見です。

とにかく香りと味わいがアロマフレグランスレベル。

さて、紅茶のお味。

 

香りがすごいです。

淹れてしばらくは芳香が部屋にみち、うっとりするようなフレグランス。

アロマ顔負けのリラックス効果。

 

味わいも深く、こっくりと深いのに絶妙なハーモニーです。

さすが高級お紅茶。

ティーバッグなので、たっぷり使える

ここで言うたっぷりとは、

「たっぷりのお湯で3杯分は作れる」ということ。

本来1杯分用のティーバッグですが、コーヒーサーバーにがっつり作ります。

……紅茶党の方に怒られそうです。ごめんね。

使い終わったティーバッグはシンクの掃除に使います

1日の終わりに、使用済みティーバッグでシンクをお掃除します。

流し台は毎日地味に汚れます。

メラミンスポンジなどを使っていたのですが、「ティーバッグをスポンジ代わりに」したことで、メラミンスポンジを買わなくても良くなりました。

この辺の思考はミニマリストです。

高級紅茶ティーバッグにして、節約的によかったこと

どんな高い買い物も、「浪費」にするか「投資」にするかは自分次第です。

投資としてのお金の使い方は、往々にして節約につながります。

高級ティーバッグは果たしてどちらに転んだのか!

カフェに行かなくなった

一番の節約効果がこちら。狙い通りです!

 

カフェで飲むと1杯450円はする紅茶。

しかもカフェの滞在時間はせいぜい2時間です。

ノマド作業をするとしても、元を取り切るのが難しい。

 

でも高級ティーバッグは、カフェの紅茶やコーヒーよりも美味い!

カフェから自然と足が遠のきました。

今月のラテマネーはいつもの半分以下です。

高級ティーバッグは仕事の日だけ

とはいえ、毎日お高級な紅茶を飲んでいるわけではありません。

この紅茶は、平日の仕事がある日のみです。

休日はセブンプレミアムのほうじ茶ティーバッグをガブガブ飲んでいます。

高級紅茶は、仕事する日の自分のガソリンなのです。

いつも自分に贅沢を許すというのも、違う気がしています。

温活人間にとって紅茶はありがたい存在

自律神経を整えるのに効くのが、温活です。

まだ自律神経が弱い私。

ハラマキに毛糸のパンツ、アームウォーマーとレッグウォーマー装備。

日々、スタンディングデスクでお仕事しています。

【レポート】寝落ち回避にスタンディングデスク!運動習慣あるならキツくない
昼間以降の寝落ち率がやばい@デスクワーク 節約系ミニマリスト志望・日野成美です。 在宅ワークのライティングのほか、 賞レースに向けて小説執筆をしたり、超デスクワーク人間です。 1日10時間...

体の内側から温めるのには、コーヒーよりも紅茶です!

コーヒーは体を冷やす効能があるので、たとえホットでも望ましくありません。

思いきって高級お紅茶を飲んだことにより、今年の冬はあまり体が冷えない気がします。

安いやつじゃダメなの?

ここで頭をもたげる、あの問題。

「リプトンで良くないか?」

安くて美味しいティーバッグの代表選手、リプトン。

50袋入りが1000円だそう。

安い紅茶を美味しく淹れるのでは、だめなの?

リプトンがあんまり好きじゃない

リプトンがあまり好きではないのです。

「なら日東紅茶でよくない?」

そういう問題ではない!

そう、私はフレーバーティーが好きなのです!

プロの選んだ茶葉や香料。

かぐわしい香りが奏でられるフレーバーティーが大好き。

 

しかも今回購入したブランドが、私の嗅覚のドツボに入りました!

毎日感動しながら飲んでいます。リプトンではこの感激は味わえません。

きちんと用途を設定できた

私にとって紅茶やコーヒーは、カフェイン摂取のためのツールではありません。

もっと重大なウェイトを占める存在だと気づきました。

 

安い紅茶も良いと思うのです。

リプトン好きじゃない、と言った私も、リプトン「嫌い」ではありません。

でも高級紅茶を飲んで、わかりました。

 

私はコーヒーと紅茶が作る「リッチさ」が好きなんだ、と。

コーヒー紅茶があるだけで、その時間が空間が、なんだか特別なものになります。

それをさらにリッチにする、高級ティーバッグ。

高級ティーバッグには、自分の家をカフェ以上の空間にするだけの力があるのです。

セール品という免罪符

「まあ、セール品だし」

これが定価でオンシーズンの購入だったら、私も軽く「やっちまったかな…」と言う気分になっていたかもしれません。

 

だって、(比較的)安かったから。

だから試してみようと思ったんだ!

セール品のいいところですね。また特売品で売ってないかなぁ。

高級だからいいとか、悪いとかじゃない。

毎日のストレス対処が、うつヌケ人間はもちろん全ての人の生活で重要になってきます。

「高いもの買っちゃった」程度で後悔していると、毎日ストレスが溜まります!

 

今回、高級紅茶を買ったからよかったのではありません、

私は、この「花水木」さんの紅茶が好きになったのです。

 

それを知ることができてとっても幸せです。

 

あなたの買い物がもっと楽しく。

ではまた明日ネットの海で!
☆日野成美にテキストコンテンツ制作、企画などご依頼の方はこちらのメールフォームから

 

投稿者プロフィール

日野成美
日野成美うつヌケフリーライター/節約ミニマリスト
「今あるお金を、楽しく。」
14歳で重度うつ病と診断。17年間の療養生活を経て、2020年の現在はほぼ寛解。
中卒、高卒認定試験、通信制大学、障害年金、月10万円一人暮らし。
小説や本を愛しすぎて、ライターへ。
現在は専業ライターとしてSEO、コラム、セールスライティングなどを担当。
ブログ「ことそこ!」は病人な節約ミニマリストとして開始しました。
現在はお金を楽しく回すブログとして運営中です。
お仕事のご依頼はメールフォームからお気軽に。

コメント

タイトルとURLをコピーしました