家計簿アプリを断捨離してノートに手書き。得られた3つのこと

【一人暮らし日記】病人ミニマリスト志望奮闘記

読書してたはずなのに、いつのまにかマネーフォワードを開いてる。

病人な節約系ミニマリスト志望・日野成美です。

便利な便利な家計簿アプリ、マネーフォワードをスマホから削除しました。

マネーフォワード ME | スマホで簡単 家計簿アプリ
\テレビCM放送中/ すべての人のお金のプラットフォーム MoneyForward - お金・資産管理なら家計簿アプリ「マネーフォワード ME (ミー)」を今すぐダウンロード!法人・個人事業主向け「マネーフォワード クラウド」で会計ソフトなどバックオフィス効率化も

ええっめっちゃ便利なのに!

深いワケがありまして。

 

家計管理を紙のノートに支出額を書き出すだけにしたのです。

そしたらお金のことを考える負担が減りました。

 

今回は、

・お金のことを考えすぎてしまう人

・心配性の人

・スマホを使う時間が多い人

におすすめの方法論です!

マネーフォワードを削除して、家計簿はコレにした

文具屋さんで安売りしていたリングノートです。かっわいい。

えんぴつが性に合うのでえんぴつで書き留めています。

 

鉛筆削りはこのタイプが使いやすい!えんぴつ持ち直さなくてもひねるだけで削れる。削り方は2パターン選べます。色鉛筆ユーザーさんや子供にもおすすめです。

書いているのはこの4項目

・1日の支出額

・買ったものの項目メモ

・今日までの支出総額

・買えてよかったね日記

1ヶ月の予算は決まっているので「今日までにいくら使った」がわかればよいのです。

で、予算の残額を把握します。

「買えてよかったね日記」はお金に対してネガティブな感情を抱いてることに気づいたため開始しました。めざせおかねもち!

家に置いといて、帰ったらレシート整理しつつ記入

家計簿ノートは外出先には持っていきません。家に置いていき1日1回見直します。

帰宅したらお財布の整理整頓をかねてレシートを取り出し、家計簿記入タイムです。

 

確実に振り返りをしつつ、家計簿に触れる時間を短縮。お金について悩む時間を減らします!

スマホから家計簿アプリを削除した3つの理由

お金のこと考えるのつかれた。

スマホっていつも手元に置くものじゃないですか。

読書や仕事の合間気づくとマネーフォワードを開いてるんです。

 

ここの支出を削れたかも、あれは買わなくてよかった……

そんなふうに考えてしまう。

 

あれこの行動意味なくないか?

お金のことを考えてネガティブになってる場合か!

しつこくお金のことを考えるのにぼちぼち疲れてきたのです。

買い物の細かい内容をメモしづらい

私はお店でなにを買ったか細かく把握したい派。流動費の節約はチリツモだからです。

安売りエクレア、ちょっとプリン、うっかりお洋服。チリが積もって山になります。

チリを積もらせない、つまりチマチマ買わないことが肝要だと今までの傾向から判明していました。

 

そのため買ったものを細かく書き留めておきたい。でもマネーフォワードだと機能の関係上それが難しいのです。

手書きだとフレキシブルに対応できて楽チンですね!

口座管理とカード支出はアプリで確認できる

残高やカード支出は各銀行のアプリで確認できます。

マネーフォワードで一括管理しなくても平気だと気づいたのでした。

家計簿をノートにしたら起こったこと3つ

お金について考えすぎなくなった

お金について考えるあまりネガティブな気持ちになる……。

そんな部分がありました。自分のがんばりを褒めたたえるよりも「もっと使わない生活ができたはず」と追いつめてしまってたのです。

 

「いつも家計簿が手元にある」状態ではなくしたことから、悩んでも仕方ないお金のことに関して頭を痛めることがなくなりました。

心理的にとても楽になりましたね!

自分の節約マインドがそれなりに強固だとわかった

節約一人暮らしをはじめて早2年。

節制や購入の基準のマインドはかなり強化されていることが判明しました。

 

うっかり使わないものを衝動買いするということも少ない。

浪費になりかねないことをするにもかなり悩んでから支出をしている。

だからなんとかなる。

 

わざわざ家計簿を見返さなくても自分、ちゃんとできてるじゃん。そうわかって自信がつきましたね。へへ。

仕事と読書の時間が増えた

お金について考えていた時間を執筆や読書タイムにあてることができました。

つまり時間を産むことに成功!クヨクヨ悩んでて損した!

特に読書タイムを増やせたのは大変助かりました。本を読むことが仕事につながる人間なので。

お金について考えるの疲れた人におすすめ!

この方法は「お金について考えるのに疲れた節約家」方にすごくおすすめしたいです。

悩んでてもお金って増えるわけじゃないんですよね。

がんばって、がんばって、ふっと限界がきてしまう。節約にはそんな時もあります。

疲れた時には方法論を見直すことも有効かも。

 

今日もがんばって、あなたはえらい。

ではまた明日ネットの海で!

投稿者プロフィール

日野成美
日野成美うつヌケフリーライター/節約ミニマリスト
「今あるお金を、楽しく。」
ふつうに豊かに暮らしたい、と好景気を夢見てきた元うつ病人平成元年生まれアラサー。
No.1セールスライター・コンテンツライター・Webマーケター
特技は「雑誌のキャッチコピーを読んで、狙っている読者層と記事スポンサーを当てること」「狙った読者層をネクストアクションに誘導する文章を書くこと」「ひらがな・カタカナ・漢字の使い分けの解説」

14歳で重度うつ病と診断。30歳のとき、なけなしの貯蓄口座残高50万円を全額セルフケアに投資して、17年間戦ったうつ病をわずか1年半で克服しました。
以後、今あるお金や資源を有効活用するPDCAを回すことが得意に。
月10万円一人暮らし時代を経て、現在は夫(分析担当)といっしょにフリーランスのセールスライター・SEOライターとして活躍。

「ふつうに豊かに暮らす」の難易度がエクストリームモードの現代において、お金を楽しく回すためのメソッドを発信するブログとして運営中です。

「商品が売れるセールスレターがほしい」「CVR上げたい」「お金の稼ぎ方を知りたい」など、ご依頼はメールフォームからお気軽に。

コメント

タイトルとURLをコピーしました