超ミニマイボトル(ポケトル)を買ったら想定外にすごく良い

節約系ミニマリストライフハック

あなたは「ポケトル」を知っていますか?

病人な節約系ミニマリスト志望・日野成美です。

今日は買ってよかったモノのお話!

 

日々節約に励んでいるあなた、今日から本気出す!というあなた。

マイボトルはなにを使っていますか?

 

これまで出回っていたマイボトルの特徴は、

・350ml〜500mlのステンレスボトル

・直接口をつけて飲む形が多い

・一部のものは分解して洗うのが大変

これらがトレンドでした。

一方でこんなデメリットも。

・念のためたっぷり入れて持っていっても飲み残してしまう

・部品の洗浄がめんどい

・重い。でかい。かさばる。圧倒的存在感。

節約情報収集のなかで以前から気になっていたのです。

 

そいつの名前は「ポケトル」。

元祖となるミニボトル「ポケトル」について

LOFTが作った前代未聞のマイボトル「ポケトル」。

 

いや、多分誰もが「あったらいいな」とは考えていたのだと思います。

以下の理由で「小さいマイボトル 」に対して業界が積極的になれていなかったのかと。

・そこまで保温保冷が期待できない

・「大は小を兼ねる」発想

しかし実際に作ってみたら飛ぶように売れたのです。4ヶ月の間に50万本も売れた。

色違いなどでコレクションも楽しいプチプラなグッズです。

 

それを数ヶ月前に節約情報収集で発見。

欲しい。

迷ってるあいだにコロナ禍が到来。購入の機会を逃します。

そして運命のときがおとずれたのは、先週のことです。

今回購入したものは雑誌「リンネル」2020年7月号の付録【セブンイレブン限定版】

ミニボトルをセブンイレブンで購入しました!

 

えっLOFTのポケトルを買ったのではなかったのかと?

うん。

今回購入したものはロフトの正規品ではないので、ここでは「ミニボトル」と呼びますね。

 

雑誌「リンネル」の2020年7月号、セブンイレブン限定品。その、付録です。

※Amazonや楽天市場などで「リンネル」を買っても、ミニボトルの付録はありません!

セブンイレブンとセブンネットショッピング限定品です。お気をつけてっ。

セブンイレブンでしか売っていないスペシャルなミニボトル

いまやコンビニといえばセブンイレブン。

先日お手洗いを借りるために立ち寄り、そのついでに雑誌コーナーをちらっと見たら、

えっ。

なにこれ可愛い。

メルヘン度数高めのロマンティックピンクに薔薇柄、その上ムーミン。

容量は125ml。欲しかったポケトル正規品より5ml多い。

 

出逢ってしまった感。買い物でたまにある、出逢ってしまった感。

10分ほど迷いました。

 

お買上げ!ちゃりーん。1350円なり。

ちなみにリンネルのセブンイレブン限定盤には、色違いのホワイトもありました。

 

同じような付録の雑誌もいっぱい!

ざっと探しただけで、リンネルの他にも以下の雑誌がミニボトルを付録にしていました。

※2020年6月1日現在の情報です!

・sweet 2020年6月号増刊

・Spring 2020年4月号増刊

・オトナミューズ 2020年7月号増刊

・GLOW 2020年8月号

どれもポケトルやミニボトル単体で買うのと同じくらいか、それより安い。

これらは書店などでも置いていますが、セブンイレブンに行くと高確率でありますね。すごいなセブン!

ミニボトルを買ってからの生活

さて購入して1週間。

ミニボトルは生活にどのように影響したのでしょうか!

「必ずマイボトル持参」が実現した

なんせポケットに入るんですから。

財布とスマホが入るだけ♡というような女子力高めポーチにも入る。

しかも軽くてかわいい。持って出かけない理由がない。

必ずマイボトル を持って出かける習慣が徹底しました。

洗うのがかなり簡単

構造上、パッキンなどは最小限です。まさに直飲み。

洗うのがすっごくかんたんです!これはありがたい。

コンビニやスタバのコーヒーは、全部は入れられない

ポケトル正規品の容量は120ml。

スタバのショートサイズが240ml。

コンビニコーヒーのレギュラーサイズは160〜170ml。

 

うん、あふれる!

お店で飲み残したものを入れるのにはピッタリですね。

でもスターバックスやローソンでタンブラー割引はできないので注意です。

氷は入る?

これから夏場。意外とマイボトル購入の際に盲点となるのが

「氷が入るのか」問題。

このミニボトルはどうだったのでしょうか。

 

答え: 一般的な製氷皿のちゃんと入ります!

 

ギリギリではなく、結構余裕をもって氷を入れることができました。

夏場も安心ですね。

節約ライフのマイボトルに良いぞ、ミニボトル!

私は以前はmosh!のマイボトルを愛用していました。

moshが霞むくらいの存在感でいま、私の節約ライフを助けてくれています。

 

いやぁ、買ったよかった。

かわいい振りしてあの子わりとやるもんだねと。

ではまた明日ネットの海で!

投稿者プロフィール

日野成美
日野成美うつヌケフリーライター/節約ミニマリスト
「今あるお金を、楽しく。」
ふつうに豊かに暮らしたい、と好景気を夢見てきた元うつ病人平成元年生まれアラサー。
No.1セールスライター・コンテンツライター・Webマーケター
特技は「雑誌のキャッチコピーを読んで、狙っている読者層と記事スポンサーを当てること」「狙った読者層をネクストアクションに誘導する文章を書くこと」「ひらがな・カタカナ・漢字の使い分けの解説」

14歳で重度うつ病と診断。30歳のとき、なけなしの貯蓄口座残高50万円を全額セルフケアに投資して、17年間戦ったうつ病をわずか1年半で克服しました。
以後、今あるお金や資源を有効活用するPDCAを回すことが得意に。
月10万円一人暮らし時代を経て、現在は夫(分析担当)といっしょにフリーランスのセールスライター・SEOライターとして活躍。

「ふつうに豊かに暮らす」の難易度がエクストリームモードの現代において、お金を楽しく回すためのメソッドを発信するブログとして運営中です。

「商品が売れるセールスレターがほしい」「CVR上げたい」「お金の稼ぎ方を知りたい」など、ご依頼はメールフォームからお気軽に。

コメント

タイトルとURLをコピーしました