「疲れた」を別の言葉で言い換えた!代わりのポジティブワード4選

節約系ミニマリストライフハック

つ、疲れた…。

病人な節約系ミニマリスト志望・日野成美です。

 

慢性的に疲労感があり、さらに不眠。

なので朝イチから呟いているのです。

「疲れた…。」と。

 

いかん!

この言葉、かなり気が滅入るのです。

それに「疲れたって、また言っちまった」と自分を責めたりも。

 

ネガティブな言葉はネガティブを呼びます。

かといってポジティブな言葉が思い浮かばない……。

 

ので!

ネットは広大だわ!ググって皆様のお知恵を拝借しました。

口ぐせ「疲れた」代わりの言葉を考えた!4選

「お疲れ様」

ねぎらいがこもっている、やさしい言葉です。

 

「つかれt……」と言いかけたところで踏みとどまり「おっお疲れ様!!」と言い換えることもできます。

 

口に出す際の声音も大事ですね。

「おつかれさま。」とゆるやかに言うと、心が安らぎます。

「がんばった」

ずっと前に何かのまとめサイトで見て以来、採用しているワードです。

 

よくがんばった!感動した!

 

さらに変則パターンで、

「がんばったね」

もあります。

 

「がんばった」だと張り詰めた感じもありますが、

自分の体と心に対してやさしく、「がんばったね」と呼びかけるのも、やさしい気持ちになります。

 

がんばった!えらーーい!!

「えらい」

ねぎらいシリーズ!

えらいがんばったお疲れ様ー!と、勢いに乗ってトリプルアクセルかますこともできます。

 

ちなみに北関東の方言で「つかれた」は「こわい」と言います。「えらいこわい」は「すごく疲れた」の意。どうでもいいですね。でも豆知識。

「ありがとう」

最強ポジティブワード。

 

今日もぶじに過ごせたありがとう!

目覚めてお日さまが昇ってるありがとう!(←不眠症だと奇跡に感じる件)

ごはん食べられるありがとう!

お仕事があってありがとう!

 

今日もありがとう〜!

「だるい」「きつい」「つらい」も言い換えて、浮かび上がろう

「つかれた」を代わりの言葉で言い換えるようにしてから、

ネガティブな気持ちが晴れてきた気がします。

 

ただ、めちゃくちゃネガティブモードの時には「疲れた!ムリ!」と頭を抱えたりしますが……。

 

それでも口ぐせの「疲れた」を回避すれば、毎日の景色が変わってきます。

 

お疲れ様です!今日もお読みいただき、ありがとーう!!

ではまた明日ネットの海で!

投稿者プロフィール

日野成美
日野成美うつヌケフリーライター/節約ミニマリスト
「今あるお金を、楽しく。」
14歳で重度うつ病と診断。17年間の療養生活を経て、2020年の現在はほぼ寛解。
中卒、高卒認定試験、通信制大学、障害年金、月10万円一人暮らし。
小説や本を愛しすぎて、ライターへ。
現在は専業ライターとしてSEO、コラム、セールスライティングなどを担当。
ブログ「ことそこ!」は病人な節約ミニマリストとして開始しました。
現在はお金を楽しく回すブログとして運営中です。
お仕事のご依頼はメールフォームからお気軽に。

コメント

タイトルとURLをコピーしました