「家で休んでしまう」のは悪なのか?病人の在宅ワーク最大のジレンマとは

【一人暮らし日記】病人ミニマリスト志望奮闘記

休むのは、悪なのか?

病人な節約系ミニマリスト、日野成美です。

 

うつ病をヨイコラセと背負って16年。

これでもかなり快方にむかい、一時期よりも収入は倍増しています。

 

在宅ワークで主に稼いでいるわけですが、私の最大のジレンマは!

 

だるくて眠くて作業ができない。

もう、重力がキツくて、横になりながら原稿などを書く、という始末。

 

家にいると布団に入ってしまう事が多いので、カフェに出かけてしまう。

ああわたしのラテマネー!ああ!

【カフェ代節約】カフェ・喫茶店通いをやめたい…依存から脱却!ラテマネー節約のためにカフェ中毒の対策をまとめて実践した
カフェが好きだ。大好きだ。 病人な節約系ミニマリスト志望・日野成美です。 カフェ大好き。作業能率が上がる、カフェが大好き! 店員さんにはすでに「いつものですね?」と言われるくらい通ってる!いつもお世話になっております。 ...

罪悪感。

 

病人が休むのはそもそも、いけないのか?

一般論では済まない、病人の働き方についてのおはなし。


働かなきゃいけない時に休むのは、悪?

本来は自己管理として「正解」

「つらかったら、休めばいいんだよ。」

セルフマネジメントとして、休息は一番重要な事項です。

ふつうは休めばいいんです。ジャンジャン休んで寝てまた元気になりましょう。

 

しかしもろもろ覚悟の上であえて叫びたい。

 

それは、健康な人の、言い分ですから!

病人にとって「休む」とは、そんな甘っちょろいものではない。

 

元気になるまで休んでいたら、私だって本気で、1年のうち360日くらいは眠ってすごすことになるでしょう。

しかし休む行為は、いつしか絶望にもつながります。

 

働いてお金を得たいのです。

休んでも休んでも良くなりづらいのが、慢性の病気というもの!

寝て治るなら、いくらでも寝るんですよ。

 

治らないんです!!

あと「病は気から」って、アレ「気持ち・気分」って意味じゃないですから!東洋医学的な意味での「気=エネルギー」のことですから!

 

休養は大切ですが、

休養していると、生きているっていう実感がわかない。

休養だけでは、なにもできるようにはならない。

 

そもそもが休息って、楽しいことをして気分を良くし、自律神経を整えることも含まれます。

適度に活動することも、治すための行動の1つ。

 

しかしこのバランスがものすごく難しいものなのです。

「できることをやる」

という判断すら難解なのが、慢性の病気というものなのですよ。

 

病気ってめんどくさい。みなさんちょっとおかしいナと思ったら病院へ!

病人の働き方、その現実

布団があると、だるいので、すぐ「寝ちゃう」

頭ぼんやり、集中できない、体フラフラ。

私は自律神経がよろよろなので、1年中、風邪をひいているようなものです。

 

在宅ワークは、在宅なので、家で仕事をします。

家には布団があるじゃないですか。ベッドや、ひょっとするとソファも。

 

横になっちゃうんですよ。

重力に逆らって座ったり立ったり、本当につらいんです。

 

すると自分が「怠けている」と考えはじめるようになります。

これがまた、大変。

起きていられる時間が、ない。

私の稼働時間は、主に午前中の2時間。午後以降は横になりながら執筆する形です。

通常は「起き上がって働く」のが、だるすぎて、座るのもつらい。

 

それが病人です。生きてるだけでエラすぎる。

 

しかし、働くことはよろこびです。

お金をいただける労働を提供することは、すばらしいことです。

ワーカホリックが、休めない理由を探る。休み下手はいけないことなのか
休んでも、何の得にもならない。 病人な節約系ミニマリスト志望・日野成美です。 日本人は休み下手と言われますが逆に海外の人は何して人生を過ごすというのか。 寝てても旅行してもお金が出ていくだけ。その行為があくまで...

必要な収入額の最低ラインを把握しておく

「とにかくコレだけ稼げば死なない」額は?

私の場合は、平均して月12万円で生活しています。これを確保できればOK。

 

受給できる障害年金が、1ヶ月に7万円。

5万円稼げば、その月のミッションをクリアーです。

 

5万円というと、1日に1記事(3000円)、16日間稼働すれば稼げる額。

あ、あとブログのアクセス数が2万PVを超えたら、なぜかアドセンス収入が爆上がりしました!これで月1万円収入の夢が近づきます。

 

その気になれば、特別費をまかなうことができれば月10万円で暮らせます。

【まさかの結論】1ヶ月10万円生活の理想と現実!本当に暮らせるの?予算・お金の使い方は?
1ヶ月10万円くらい生活、10ヶ月目突入。 節約系ミニマリスト志望・日野成美です。 なんだかんだてんやわんやのうちに、一人暮らしをはじめて早や10ヶ月。 月々の予算は10万円程度に落ち着いてきました。 ...

「コレだけ稼げば大丈夫な額」を最初に把握しておきましょう。

病人でも幸せに暮らすためには?

幸福に暮らすためには、多いお金やたくさんの友達や、

いわば「リア充」の条件を満たしていることはかならずしも不可欠ではありません。

 

生きがい。

毎日が楽しくなれる要素が必要です。

 

ただ働くだけではなく、楽しく日々をすごすことも大切なのです。

そのためにはお金が必要であり、稼ぐよろこびが要ります。

 

人生の楽しみや、これからの生きがいを考えながら過ごせるといいなと思いつつ、日々を過ごしていますが……。

 

でも休むことは、セルフマネジメントとして、生きがいのためにも大切。

なんだか毎日ジレンマですね。



自分を追いつめないのが、一番の「療養」

結局のところ、生きていくにはお金が必要です。

生きている実感やたのしさを得るには、働くことが大切だと私は思います。

自尊心を高めるためにも、少しでも稼げるといい。

 

でも、まじめな人ほど病気になりやすく、

まじめな人ほど自分を追い込み、追いつめやすい。それは事実です。

 

どうすれば、追いつめずに済むのか?

どうやったら、人生を楽しく送れるのか。

 

それを考えたときに、

働いてお金を得ることと、体をいたわって休むバランスは難しいことですね。

 

ワーカホリックの休み方については、こちらの記事も!

ワーカホリックが考える、最強の「休み方」
体の休ませ方を、本気で考えてみた。 病人な節約系ミニマリスト志望・日野成美です。 謹賀新年!!!あけましておめでとうございます2020年! 令和2年も日野成美をよろしくお願いします。 さて先日の、ワーカホ...

ではまた明日ネットの海で!

コメント

タイトルとURLをコピーしました