異常なほどキツい在宅ワークの「孤独と寂しさ」を解消する方法と対策

【一人暮らし日記】病人ミニマリスト志望奮闘記

在宅ワークの孤独感と寂しさは異常。

病人な節約系ミニマリスト志望・日野成美です。

「わかりみ!」って方がこの記事をクリック・タップして読んでくださっていると思います。

在宅ワークの孤独感っていったらヤバイ。

 

いや、最高の環境なんです。

学生時代やアルバイト時代に比べたら、いじめっ子もモラハラ上司も派閥の女子グループもチクチク来る男子もいない!

 

天国。

でも、

孤独でさみしい。

 

それはそうです。

人間関係のわずらわしさがない代わり、そもそも人間との接触がない。

なんだか、さみしい。

 

向き合ってみました。今日はそんな、孤独感とかのおはなしです。



在宅ワークのリアルな1日

朝起きてご飯食べて散歩して、

仕事して仕事して仕事して、ご飯食べて仕事して、

散歩して仕事してご飯食べて、仕事して寝る。

 

仕事とごはん、そして散歩。ときどき外出で買い物など。あとはお休みタイム。

1日が5要素で完結です。

本当の話です!毎日が楽しい!

(※「仕事」には、読書やライティング、ブログやnote執筆、小説執筆が含まれます。)

 

そう、クライアント様とのメールやりとり以外はひとりですべてが完結。

究極のぼっちライフ!ストレスの無さが異常。人間関係に疲れたらみんなも在宅ワークしようよ!

「寂しさ」「孤独」の及ぼす弊害

さみしい。孤独。人間を地味に追いつめる要素です。

私も放っておいたら独り言オンパレード人間になってました。最近指摘されてがんばって改めました。

心理的にも正気度的にもジワジワSAN値を削ってくる「さびしさ」。

いろんな弊害を呼びます。

集中ができない。

在宅ワーク・フリーランスって最高です。

ちょっかい出してくる同僚とか、理屈とモラルが斜め上の上司、なぜか合わない他の人と仕事するよりも、

ずっとクオリティ・オブ・ライフも高くて、(その気になれば)勤め人よりも稼げるのです。働けば働くほど結果はついてくる。最高。

 

でも1日おうちで独り作業だと。

意外と、集中ができない。

 

あれもやれる、これもやる。

やれることと、できることと、やりたいことと、やりたくないこと。

どんどん区別がつかなくなっていきます。

 

なんだか気が散漫になってしまいます。そして気づいたら、気分はとてもさみしくなっているのです。

浪費してしまう

孤高なフリーランス・在宅ワーカー・ノマドの味方といえば、そう、カフェ!

行っちゃうのよね。カフェ。

ラテマネーは月に高くて1万円になります。年間だと5〜10万円以上かかってしまう。

カフェ・喫茶店依存は「淋しさ」やストレスが原因ということはこちらの記事に譲りますが、

【カフェ代節約】カフェ・喫茶店通いをやめたい…依存から脱却!ラテマネー節約のためにカフェ中毒の対策をまとめて実践した
カフェが好きだ。大好きだ。 病人な節約系ミニマリスト志望・日野成美です。 カフェ大好き。作業能率が上がる、カフェ...

ストレス起因の外食浪費が一番こわいです。

自分を責める

これは私がうつ傾向にあるからかもしれませんが、なんとなく自責モードになることがあります。

あれもできてない…それもしようと思ってるのに…。

なんせ全然気が紛れない日々だものですから。ずっと自分と仕事に向き合う日々。

 

さぁどうする!



集中できない理由は「与えられない」から?

在宅ワークは放っておくと、

だれからも「なにかしろ」って言われないんですよね。

自分ですべてをスケジューリングして仕事します。だからこそ持病持ちにとっては向いている職種のひとつなのです。

自分で仕事を作って、実行する。

だれからも、なにも強要されません。嫌なら仕事を断ればいい。

 

ならば。

自分で楽しんでやりたいことを作って選んで作業するしかない。

孤独感を埋めて、作業をはかどらせるためにとった方法

コーヒーを自分で、じっくり淹れる

いやカフェも好きなんですけど。大好きなんですけど。

自分でカルディのコーヒー粉(ひいてもらう)買って、ドリッパーで淹れるのもすごく美味しいんです。

【グッズ編】カフェ・喫茶店依存から抜け出すために揃えたグッズたち
家でいかに美味しくお茶を淹れるかっていうより「手軽に」作るかって話。 節約系ミニマリスト志望・日野成美です。 前...

なんだかホッとします。

雑記ノートを作って、雑念や愚痴を書きまくる

ひとりでいることで困るのは、吐き出す相手がいなくて頭がごちゃごちゃになっているからです。

頭がパンクしそうになる前に、雑記ノートこと大学ノートに殴り書き。

脳のデフラグとデトックスに、紙に鉛筆は鉄板かつ王道ですね。チラシなどの裏紙でもよいかと。

視覚化すると安心します。

誰かのために「働く」という心で取り組んでみる

人間は自分のためだけに生きていると、息がつまりそうになります。

「自分軸」から少し考えをズラすと、少し光が見えてきました。

だれかのために働くのです。

私の仕事で誰かの笑顔になることを考えて、誰かが私の文章を待っていてくれることを想うのです。

 

いつも記事が楽しみと言ってくださるクライアント様。

毎回愛読くださる小説読者のみなさま。

毎日ブログを読んでくださってるリピーターの方。

 

考えながら書くと、がんばれる気がしてきます。

きっと楽しいものを書きますからねと。

【一番重要なやつ】目の前の仕事に誠実に没頭する。

もう、何も考えずに目の前の仕事だけ考える。

この記事もめっちゃ心配抱えながら書いています。

 

このハイペースで書いてバテないか、とか。

晩ご飯作る体力あるかな、とか。

小説書く時間をどれくらいとれば、新人賞に間に合いそうか、とか。

あと幾ら稼げば今年は乗り切れるかな、とか。

 

でも目の前のことにだけ集中することを心がけたら、すーっとそれらが消えていく。

作業に集中することで、効率UPもできて収入やアクセス数向上にも繋がります。

 

この「目の前の仕事に誠実に没頭する」のが一番、効果がありました。

ほかのコンテンツや小説のことは考えずに、書く時はそれだけ書く。

休憩時にスケジューリングやタスク整理はしていきます!

集中力を上げるためには休養やリフレッシュも重要

マジな話、休まないと本当にマズイので。

疲れたら休もう。

自戒のためにも最後に書いておきます。疲れたら休もう。

休もう。

この記事書いている間は没頭してさみしくないけど、書き終えたらやっぱ淋しくなるのかなぁ。

没頭できることがある。

ってすごく幸せです。

集中、というか「目の前の仕事以外は視界に入れない」感じでしょうか。

私も集中力欠如をともなう病気なので、思うようにできないことも多いのですが、

 

さみしくなったら、目の前のことに向き合う。誠実にとり行う。

心がけていくことにしたら、寂しさはふしぎとなくなっていきます。

 

さびしさって、空白、なのかもしれん。

そんなことを思ったり。

ではまた明日ネットの海で!

コメント

タイトルとURLをコピーしました