衝動買いしたい?私が80%成功している衝動買い回避のコツ

予定にないものを買いたくなる。衝動買い。

節約系ミニマリスト志望・日野成美です。

WordPressの新エディタが殺人的に使いづらくて、ブログ更新を怠っていましたごめんなさい……

今日は衝動買いのおはなし。

ほしいものは、節約していたって出てきます。

煩悩の塊の私もほしいものだらけです。

外出先で、コンビニの肉まんが食べたい。

スーパーで、お惣菜のコロッケ買いたい。

コンビニ、Amazonや楽天ポチリは鬼門ですね。

こまったことに、衝動買いしたくなるものって

それなりに必要なものなのです。

「必要」な理由を頭の中で作ってしまい、それを根拠に実行してしまいます。

ということは……

「必要な理由」が頭の中でうすれる=買いたい衝動がやむまで

時間を置くといいんじゃないか。

この記事の方法は、実際に私がやってみて

約80%の成功率となっているものです。



とりあえず「手にとってみる」と意外と満足する

意外なことに、事実です。

リアル店舗(スーパー、コンビニなど)へ足を運んで

「買いたい」スイッチが入ったとき有効な方法。

手にとったあと、しばらく売場をうろうろする

レジに直行はしちゃダメ。

うろうろしながら、いろいろ考えます。

自分で作ったり、用意したりできないか?

もっと安いものはないか?

いくらまでなら出せる?

フロアを1周するころには、

「別にいっか。」

となっていることが多いのです。

この時間の長さに関しては個人差があると思いますので、

自分のタイミングを見つけてみてください。

「別にいっか」となったら、即、戻しましょう。

ネットサーフィンして価格比較・商品の情報収集

これは通販で有効な技。

買いたいものが1つできたとして、複数の商品の価格を比較。

また、特色や特徴の違う商品も比較。

衝動買いの成立する要因として

必要な理由を脳内で作ってしまう、というのがありますが

必要じゃなくなる理由を作るのも効果的。

たとえば超音波式加湿器を買おうとしているとして、

・超音波式加湿器 デメリット

・超音波式加湿器 必要性

・加湿器 手作り

でも検索します。

検索エンジンで上位にくるキュレーションメディアの記事は

買ってもらうことを前提として、オススメ記事として書かれているものが多いのです。

なので、デメリット的な情報を検索しましょう。

買うことそのものを見直し・とりやめにすることになることもあります。

そして世の中、商品はピンからキリまで。

情報を集めるにつれて、だんだん買いたいものがわからなくなってきます。

わからなくなったときが潮時!

買い物カゴの商品を戻しましょう!

意外とそのあとの気分、スッキリしているんですよ。


クーポンサイト・お店のHPでメニューと価格をチェックする

こちらは、外食したい!となったとき。

外食というものの価格のなかには、場所代とサービス代金が含まれている……

ということは、こちらの記事で書きました。

【外食大好き】節約生活でいかに外食をガマンする?そもそも「外食したい」の理由とは
外食は高い。でも楽しい。 節約系ミニマリスト志望・日野成美です。 最近ようやくコンビニの誘惑に 負けないメンタルができ...

テイクアウト可能なマクドナルドやサイゼリヤ、回転寿司がお安いのもこのためです。

外食したいなぁ、と思ったら……

クーポンサイト、公式サイト・アプリ等で、

割引があるかどうかや、定価だといくらなのかメニューをながめます。

外食で1食分食べると、最低でも500円かかります。

ちなみに500円だと自炊や冷凍食品ならば、数日分の食材が購入可能。

しかし最近私は、我慢できずに外食しても、

「や、これって自分で作れないか?」

「別に冷凍食品やコンビニ弁当でも代用可能だったんじゃ?」

となります。

外食に投入する予算の、その500円でなにを買えるか・ほかに買いたいか

よく考えるのも効果的です。

情報収集と思考をして、頭を冷やす!

この手段は、節約生活の経験値を積む過程で見つけたものでした。

要するに、頭を冷やすということでしかないのですが、原始的かつ効果的。

ダメ元でやってみてください。

コツは、お会計に直行しないことですよ!

ではまたネットの海で。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする