節約日記再開!月2万円先取り貯金はじめました。

ことそこ、本格再稼働します。

節約系ミニマリスト志望・日野成美です。

最近、体調やらの関係でおやすみしてたブログ。再開します。

いい感じにネタになることが増えてきました。

さらに、モチベーションも上がってきましたよ~。


積立定期預金を組んだ。月2万円。

シンプルに計算して、1年で24万円貯まる計算。

ということは、

基本予算95000円で暮らしていたのを、

1ヶ月75000円に減額。

これまではその95000円でも足りず、

ココナラなどの副業収入で不足分をまかなっていました。

大丈夫か。

本多静六「私の財産告白」に感化された

明治期から昭和にかけての実業家・本多静六の著作。

節約家たちのあいだでは有名な一冊です。

この慶応年間(ギリ江戸時代)生れ、戦後にお亡くなりのおじいちゃん、

月収の4分の1を先取り貯金するという「4分の1貯金」を

教職に就いてからすぐに、敢行。

「貯金がないなら貯めればいいじゃない」。

そして

「お金がないなら稼げばいいじゃない」

と、1日1ページ以上のペースで文筆バイトもこなしました。

本多翁は300冊以上もの著作を残しています。

一財産築いたのち、それを世のため人のために投資。

日本実業界の偉人です。

といっても、当初の奥さまの苦労は並々ならぬものがあったようで……

根が単純なワタクシ。

「むかしの人ができたなら、できないことはないだろう!

 にんげんだもの! っていうか、やってみてから考えよう」


ダレた生活がイヤになってきたところだった

1ヶ月95000円(臨時収入あわせると10万円)で暮らしてみてわかったのは、

無職(年金受給)の人間にとって、月10万円は大金ということ。

社会に出ると必要不可欠な

服装にかけるお金や交通費を極限まで削ることができるため、

人によっては、被服費も交通費も月ゼロ円にできます。

家賃43,000円を引いて残った53,000円は、

誘惑に負けず、かつ体調を崩さないかぎりは余裕で残るはずです。

一人暮らし開始で1万円は確保しておくべき「医療費」のはなし
環境の変化はストレスの増加。 節約系ミニマリスト志望・日野成美です。 節約一人暮らしを開始して4ヶ月あまりが経ちました。 ...

なんとなーく外食(予算700円まで)に行っちゃったり

要りそうにないものを買っちゃったり……

それでじりじりとお財布が苦しくなっていくのです^^;

【外食大好き】節約生活でいかに外食をガマンする?そもそも「外食したい」の理由とは
外食は高い。でも楽しい。 節約系ミニマリスト志望・日野成美です。 最近ようやくコンビニの誘惑に 負けないメンタルができ...

でもそれだと、生活に本当に張り合いがない。

25万円貯まったらやりたいこともあります。

だから私は、決めたのです。

お金がないなら作ればいいじゃない!

このブログも稼働率をあげて、収入アップにつなげます。

サボってて本当に申し訳なかった……

今日もがんばる、えいえいおー。

気楽に書いていこうと思います。

またネットの海で。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする