【節電】電気代1ヶ月1500円の私がやった初期投資つらつら書くよ!【夏は3500円でした!】

一人暮らし、1ヶ月9万円生活。在宅ワーク。電気代平均、2000円。

2018年10月の電気代がこちら。

1,549円。

で、こちらが夏場の一番高い時期(同年8月)

3,449円。

節約系ミニマリスト志望・日野成美です。

丸一日、在宅で作業。

長時間外に出ない生活スタイルです。

となると、一見家での電気代が高そうに思えます。

が、この金額。

せっかくなのでお役立ち的に概要をまとめてみます。

ちなみにーー

総務省統計局の家計調査によると、昨年2017年の若者(34歳以下)の一人暮らし世帯の家計の電気代の平均額は、年間38,060円。ひと月あたり3,171円となっています。

――エネチェンジ「一人暮らしの電気代って平均いくらくらいなの?」より

私の電気代はコレの半額!


電気代節約のためにやっていること【初期投資編】

1.契約は20A(アンペア)

おそらくはこれが一番大きいです。

10A~60Aまでの電力単位があります。

わかりづらいのでざっくり言うと

アンペア数が大きくなるほど、一度に使える電力が多くなります。

極論言うと、電気ストーブつけながら電子レンジと炊飯器と、洗濯機とドライヤーとIHヒーター同時に使えたり。

そしてアンペア数によって基本料金が異なります。

アンペア数が小さいほど、安く。大きいほど、高くなるのです。

私のところは20Aで基本料金が560円くらい。

その上で電気代は平均2,000円程度です。

ちなみにこれが30Aだと

基本料金は842円40銭(東京電力の場合。参照元はこちら

月々約300円違います。

ということはアンペア下げるだけで

年間3600円程度おトクになったりするようです。

各電力会社に申し込めばアンペア数は調整できるので

問い合わせてみるのもよいですよ。

2.照明はLED

電気屋さんのセールでお買い上げ。9,000円ちかくしたかな。

LEDは寿命が長く、

節電効果が高いことから、奮発しました。

シーリングライト おしゃれ 12畳 CL12D-5.0送料無料 あす楽 LED リモコン付 リモコン 照明 天井 LEDシーリングライト LED照明 天井照明 照明器具 明るい 調光 LED シーリング ライト 電気 リビング アイリスオーヤマ

3.電源タップ付きのテーブルタップ(延長コード)を使用


エレコム 電源タップ ブラウン・2P式6個口 T-BR04-2610BR

こういうやつです。おなじく電気屋さんでGET。

こまめにタップを消して、待機電力を節約です。

しかしプリンターなど、

延長コードに繋がないように説明書に書いてある家電もあります。

そういうものは、コンセントに直に抜き差しします。

使わないときしっかり抜くこと。

4.電気ポットは沸騰時間が短いものを購入


タイガー 電気ケトル 蒸気レス 「わく子」 1.0L PCJ-A100 タイガー魔法瓶 ケトル ポット 早い 安全 安心 蒸気が出ない

その名も、わく子ちゃん。

このコ優秀で、本当にあっという間に湧きます。200mlなら1分弱。

水から煮込むのではなく、沸騰したお湯を使う料理なら、

最初にコレでお湯を沸かしてしまい、

お鍋にあけて利用することで時短と節電にもなります。


5.エアコン等家電は、なるべく新しい型のものを

うちのマンションは築30年、リフォーム済み。

部屋に据え付けのエアコンは2014年製。

あたらしい家電はやはり節電効果が高い!

【送料無料】三菱重工 SRK22TW [エアコン(主に6畳用)] TWシリーズ ビーバーエアコン 2018年モデル 寝室 子供部屋 コンパクト 省エネ 100V JET運転 内部クリーン ランドリー除湿 おまかせ気流 快適

6.ロボット掃除機導入

コレも大きいかと。

ルンバ稼働時の電気代は1時間あたり1円程度。ただし待機電力を含めた電気代は1ヶ月109.5円ほど、年間で1,314円ほどです。

  ――参照元:「ルンバってどれくらい電気代がかかる?お掃除ロボットの電気使用量について」ミラトモ

意外と消費電力すくないんです。

かつ時産家電なので、本当にオススメ。


Dibea ロボット掃除機 D960 超静音 高性能 薄型 水拭き 乾拭き 自動充電 衝突防止・落下防止 自動掃除機 ペット 安い お掃除ロボット【送料無料】

https://hinon-akikonom.com/blog/2018/08/13/robot-cleaner/

故障!?【Dibea d850】ロボット掃除機ナゾのランプ点滅 原因は初期不良
ロボちゃん(うちのロボット掃除機)が動かなくなった。 しかも来客が来る前日に。ヮ(゚д゚)ォ! 節約系ミニマリスト志望、日野...

7.テレビなし生活

地味に電気代食うらしい、テレビ。

見ません置いてません。

ねほりんぱほりんだけNHKオンデマンドで買って最新の放送観ます。

テレビなしの生活はかなりストレスフリーでオススメ。

ネットさえあれば情報は入りますしね。

と、長くなったので次回へつづく!

まだまだあります、節電対策。

こまめにやれば、なんでもできる!

後半は、生活習慣でできる節電・節約について。

ではまたネットの海で!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする