【外食大好き】節約生活でいかに外食をガマンする?そもそも「外食したい」の理由とは

外食は高い。でも楽しい。

節約系ミニマリスト志望・日野成美です。

最近ようやくコンビニの誘惑に

負けないメンタルができてきました。

次は外食からの脱却だ。

といっても、

むやみやたらと自分にむかって

ダメっていうのも、たぶん効果ない……

ということで、今日は自分への説得も兼ねて

ひとはなぜ、外食をするのか。

外食をしたいという衝動にかられる、理由はなのか。

外食って、本当に必要なのか。

そんなおはなし。


外食産業は「場所代」で儲けている

サービスと快適な空間が、お値段の正体

外食が高価い理由ってコレなんですよね。

私が某外食チェーン店(どこかはナイショ!)で

バイトしていたころ……

マニュアル研修をしていたときに、店長が

「ぶっちゃけたところ、

うちの料理は原価100円もいかない。

でも1,000円以上のお値段をつけているのは、

快適なサービスと空間をお客さまにご提供する、その代金だ」

だから気合い入れてサービスしろよ、との教えだったのですが

ぼったくり感がやばいなと当時の私は思っていました。

が、よく考えてみればそのとおりで

外食って、おいしい料理を食べに来ているのではないのです。

え、どういうことじゃい、というと……

再現レシピ料理の美味しさってばよ

クックパッド様はじめとしたレシピサイトで

脅威とも思える再現度を誇るレシピが出回る中、

私もやりましたが

再現レシピでがんばって作った料理のほうが

できたてで、おいしいんですよ。

しかも安上がり。

外食がおいしくない、とは断じて言いませんが

1,000円以上の大金(節約人間的に)を

その料理に、投じてもいいのか?

と、あらためて考えると…………

………………ないかも。

外食で買うのは、「非日常」と「ラク」

でも料理って大変なんですよね。

あと、毎日おなじルーティン生活を送ってると

さすがに日常そのものが、ダレるんですよ。

子どものとき、ファミレスに行きたかったその理由は

おかあさんの料理に飽きたとかではなく

あの、ワクワク感。

あそこでしか味わえない、なんか特別な味わい。

ラクできて嬉しそうなおかあさんの、ほっとした顔。

待っていれば勝手にお料理が出てくる、ということが

なんとありがたいことか。

立ちながら寝るレベルで疲れてるときとか

ホント痛感します(本当に立ちながら寝そうになるよ私!)

外食をしなくても「満足」を得るために

料理作りを、楽しむ。

やっぱりコレなんですよね。

あの店の、あの味。

を、再現するために

レシピサイトユーザーの偉大なみなさまが

しのぎを削ってアイデアを提供してくださっています。

タダで見られるレシピを。IT社会バンザイ。

で、10分とか30分とかで作れるものも多いですし、

わりとカンタンなんですよね。

慣れればうまくできるようになるし

なによりも、

計量スプーンとはかりで厳密に手順と量を守れば

絶対においしくなります。

料理自体がクリエイティブな作業なので

けっこう楽しいんです。

作るのイヤンでも……おいしく常備菜・冷凍保存

もうやだ疲れた料理したくない、

というときがあります。私はしょっちゅうです。

でも現代日本には冷凍庫というものがあり

ググればうまく冷凍保存できる方法や

おいしい常備菜やのレシピがあります。

食事の最終到達点は、

栄養補給と精神的満足です。

それが達成されるのが一番、だと思うのです。

どうしても外食でしか食べられない「アレら」について




もうね、

マクドナルドのポテトとか、モスのモスバーガーとか

ココスの包み焼きハンバーグとか、あとえーとえーと……

大好きなんですけど、高くてしかもカロリー高いんですよ。

これについてどうすりゃええねん、と思ったのですが

結果出した答えはただひとつ!

「稼いで食いに行け。」

といっても私は就労不能のお墨付き系病人なので(;・∀・)

アンケートサイトでポチポチと

ポイントを貯めることにしています。

【実録!最強アンケートサイト】信頼の老舗・マクロミルの巻
チリツモ副業の王道・アンケートサイト。 お久しぶり更新、 節約系ミニマリスト志望の日野成美です。 最近ブログを書くのが...
【実録 最強アンケートサイト】キューモニターと楽天インサイト(旧 楽天リサーチ)の巻 スマホ・楽天市場ユーザー必見!
続・アンケートサイトのはなし。 節約系ミニマリスト志望、日野成美です。 チリツモ系副業の王道・アンケートサイトについて ...

外食回避のために自分を説得してみたけど……

こう考えると、精神的充足という意味でも

あんまり外食ってコストパフォーマンス

良くないのかも知れないなって思いました。

繰り返しますが、

外食産業のあのお値段の理由は「場所代・サービス料金」です。

その快適な場所と非日常を味わえるサービスに

お金をかける価値があるならば、行くべし、と、思います。

ま、料理ができる人は

女子・男子問わずウケが良い。

特に20代後半以降の女子が「料理できない」と言おうもんなら

こっちを人間扱いしないひとまでいます(ガチで遭遇したことある)。

書いて気が済んだので、こんな感じで。

ではまたネットの海で。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする