残高不足で……!デビットカードの(ほぼ)唯一のデメリット(>_<) やはり電子マネーに頼るべきなのか?

やっちまった。

節約系ミニマリスト志望・日野成美です。

私はデビットカード愛用者。

先日、やっちまった。

銀行残高が1,200円しかないのに

デビットカードで1,500円の買い物を

しちゃいました。

セブン銀行のアプリを開くと

「s-999」

というエラーコードが出て……

しばし首をひねり……(?_?)

残高を超えた買い物をしちゃったことに

気づきました。

ググってもわからないので

サポートセンターさんに連絡し、

なんとか解決。

(今回の記事に関係ないので、詳細は省きます(;・∀・))

今回はこの、

デビットカードのほぼ唯一の弱点

「残高不足のまま使っちゃう問題」

について、語ってみたいと思います。


残高不足のままデビットカードを使うと――

なんらかの通知が来る・エラーコードが出る

メールであったり、

通帳アプリを開いたときのエラーコードであったり……

私の経験上だと、

「残高不足のまま使っちゃいましたよ」

と単刀直入にではない形で、

つまり繰り返し請求の通知メールが来たり

通帳アプリのエラーコードが出ることで

メッセージを送ることが多い模様です。

ちゃんと入金し直せば、問題なく使える

再度、きちんとした金額を入金すれば

問題の支払い額は、銀行から引き落とされ

そのあともカード自体は問題なく使えます。

ただし……

残高不足での利用が続いたら、

カードそのものの利用が停止になります。

これが一番コワイ。

なったことないけど……

【見直し】デビットカードの利用は、ネット通販などに範囲を狭める

ふだん、なにも考えずに

ちゃっちゃかスーパーでもコンビニでも

デビットカードで支払っていた私。

デビットカードにしていたのは

支出の管理が一元化できてラクだったからです。

ただ、外出時にひんぱんに通帳アプリで

残高を確認するという

しっかり者というわけでもないので

主にネット通販など

どうしてもクレジットカード払いが必要な

支払いシチュエーションでは

デビットカードを使います。

【対策】ちゃんと残高をこまめに確認

デビットカードをあつかっている銀行なら

たいてい、通帳アプリを出しているので

アプリダウンロードして

こまめに残高確認。

使いすぎ対策にはこれが鉄板の方法ですね。

【方針転換】電子マネーを普段から使う

いつもの買い物先が電子マネーOKなら

電子マネーにシフトチェンジしちゃったほうが

いいんじゃないか。

イトーヨーカドー系列、イオン系列などのお店なら

それぞれnanaco、WAONが使えます。

チャージもできる。

なにより、ポイントがバリバリ貯まるのです。


電子マネーのメリット

残高不足のさいには

ちゃんとエラー音ですぐ知らせてくれるところ。

デビットカードとはここが大きな違いです。

設定すれば、オートチャージもできます。

ただし使いすぎの原因になりかねないので、注意ですが……

電子マネーのデメリット

ポイント付与や

店舗の電子マネー取扱い状況により

あっちのお店で楽天Edy、

こっちのお店ではnanaco、とやらざるを得ないため

ジャラジャラとあれこれカードを

持ち歩くことになること、でしょうか……

これが嫌で、私は電子マネー管理を

やっていなかったのですが。

では、どのように使う? は、次回につづく!

これから実践に移るわけですが

今後の作戦としては

・2週間分の雑費を

さいしょにポーンと

電子マネーチャージする

・オートチャージは極力つかわない

・予算内でおさめるよう全力をつくす

なんとかなるかなァ。

また実録記事を書きますね。

ではまたネットの海で。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする