病人がムリなくお金を稼ぐ方法5選【後編】

前回に引き続き、病人がお金を稼ぐ方法について

病人な節約系ミニマリスト志望・日野成美です。

障害者手帳2級で

日常生活が難しい認定を受けているのですが

お金は必要。

前編はこちら。

病人がムリなく小金を稼ぐ方法5選【前編】
この記事を3行でまとめると 日常生活困難なうつ病人の筆者が なるべく無理せず「病人がお金を稼ぐ方法」をまとめてみた 長いので今...

今回は文字数の関係で分けたのですが、後編です。



ココナラ(500円~)

ワンコインからなんでも自分の「できる」を売れる

昨今、副業の新形態として注目されている

ココナラ

私も小説アドバイザーのサービスを出品していて、

有り難いことにお客様、リピーターさまがついてくださっています。

ぶっちゃけ売るものは

規約に違反しない限りなーんでもあり。

メリット:やりがいがある

自分の「得意」を売る

という謳い文句のとおり、

好きなものを仕事にする形になるので

やりがいはあります。

デメリット:サービス購入される頻度が低い

占いやイラストなどニーズの高いものや

公式な資格を持っている場合でもない限り

サービスの購入される頻度は低めです。

私も1ヶ月に2~3回購入されればありがたい、という感じ。

さらに、私は単価を低く設定しています。

自分はもっと高額の仕事してるかもとは思いますが

ふつう見も知らぬ物書きに何千円も払わねーよ。

と、消費者視点で思うからです。

時間単位でスキルを売る「teacha」「タイムチケット」

というテもありますが、

こちらはまだやったことがありません(;・∀・)

でも、塵を積もらせていけば

きちんとお金になります。

こまめにリクエストボードをチェックするのもコツ。

番外:ハンドメイドの販売

ココナラハンドメイド、メルカリ、minne(ミンネ)など

販路はさまざま。

アクセサリーからブックカバー、服など。

ちょっと器用ならなんでも売れると思います。

気晴らしにチマチマ作ったものを、売ってみては?

ただ、一番のネックは材料費。

ちょっとこないだ手芸店のぞいたら布も糸もたっかいのな。

もとが取れるかどうかはわかりませんが

日々の気晴らしとして

作業療法的に作ったものを「売る」というのも

収入を得る手段の一つです。

ブログ(広告収入)(1円~100万円)

書いていれば確実に、1日1〜数百円は入る

Googleアドセンス審査に通過し、広告設定しさえすれば、

1日確実に1円は入ります。

アクセス数が上がれば、数百円。

もっと上達すれば、1日1000円以上……

記事数とクオリティを上げれば、それなりの不労所得が期待できます。

私もいくつか、検索トップに入る記事がありますが

「読者として求める記事」

を書くのがコツなのかな、と。

ブログは気晴らしにもなって楽しいです。

ネタ探しとモチベーションが大変



地味にキツいのがコレ。

スパムや荒らしコメントが来るとへこみますし(初心者ブロガーがぶち当たる大きな壁)

モチベーションやネタ探しは、日常的にやることになりますが結構大変です。

アクセス数やGoogleアドセンスの管理画面で

「今月あとちょいで1万PV!」

と自分を奮い立たせる感じです。

しかし正直……

クラウドソーシングで稼ぐよりずーーーっと楽で、たのしいです。

クラウドソーシングは「自分色」を出せないので。

ブログなら自分の腕をどんどんふるうことができます。

維持費(ドメイン、サーバー料金など)が年間数千円かかる

Word Pressで作る場合、

というか広告収入を得るにはWord Pressほぼ一択なのですが、

多少のお金と手間が要ります。

私はロリポップとムームードメインで

初期費用を安くおさえましたが(SSLセキュリティも無料でできるし)

それでも10,000円くらい初期投資したかな。

しかし1回作ればあとは楽しむだけ。

Word Pressブログは、アメブロやはてななどの「賃貸」ではなく

「一軒家建てる」ことになるのです。

検索にひっかかり、かつファンのできるサイト作りという難易度の高さ

本当のトップブロガーというのは

・検索トップに挙がる

・固定ファンがつく

この2つを兼ね備えるスゴイ人たちなのですが

この「ことそこ!」は栄光の平均直帰率90%。

(※直帰率=検索エンジンで来て、

ほかのページを見ないで帰るお客様の率のこと)

あまり私は気にしないんですけどね、直帰率。

続き物の連載もしてませんしね(;・∀・)

しかし一定のアクセス数を稼げるようになるまで

Google検索にブログが掲載されるようになるまで3ヶ月かかる

という事情を加味しても

最低1年をみたほうがいいかと思います。

すぐに「定収入」を稼ぐ、とまではいかないけれども。

どれも結果が出るまでは長くかかります。

ただ、長い病気療養の空白期間。

時間があるなら、楽しんで試してみるのもアリですよ。

自宅でがんばってお金を稼ごうとがんばるのも

なかなか楽しいものです。

うまく自分にハマれば、かなりの高額を稼いだり

本業にしたりできることも……?

自分の無理ないペースで進められるものを

とりあえずまとめてみました。

お役に立てたら。

それではまたネットの海で。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする