病人がムリなく小金を稼ぐ方法5選【前編】

この記事を3行でまとめると

日常生活困難なうつ病人の筆者が

なるべく無理せず「病人がお金を稼ぐ方法」をまとめてみた

長いので今回はその前編!っておはなし。




節約系ミニマリスト志望・日野成美でございます。

重度のうつ病と診断されたのが14歳。

バイトしては3ヶ月スパンで体調を崩し、

周囲への迷惑という意味でも、

外でフツーに働くのはあきらめざるをえませんでした。

というわけですが金は生きてく命綱。

なんとか確保しなければなりません。

今回、あれこれ頭をひねって行動した結果の

収入を得る方法をいくつかご紹介します。

障害年金(月65,000円弱)

症状が重いからこそ決行した最後の手段

しょっぱなから大技くりだしましたが

障害年金受給1年。変わったこととそうでないこと
この記事を3行でまとめると 障害年金2級を受給するようになって1年。 受給することでゆとりができて体調もよくなり 自立したい気...

やはり国の制度なので、

申請する上でのハードルは結構高めです。

が、通ればかなり生活は楽になります!

メリット:月々安定した収入

月に約65,000円。

この65,000円のおかげで、どれだけ心理的に楽か!

家族などと同居し、かつ無駄遣いをしなければ、

やっていけるだけの金額です。

デメリット:多少、世間での肩身は狭い・重症である必要がある

ふつうのパート・アルバイトで働くよりも

多い金額をいただけるので

この金額設定をした国の金銭感覚が謎なのですが

この金額だからこそ、なんとなく申し訳ない気持ちはあります。

また、障害年金取得には

かなりの重症である必要があります。

そもそも障害者手帳を持っていなければならない上

ドクターからの診断書も必要。

審査基準も複雑なところがあるらしいのですが、

少なくとも、

1人では日常生活ができない程度の重症であることが

必要要素となってきます。

なので、この手段を使えるのは、相当せっぱつまったときだけ。

審査に通らない場合もあり……

ただ、チャレンジする価値はあります。

本当につらくなったら、主治医に相談してみてください。

クラウドソーシングでのWEBライター(10円~数十万円)

数年間やりとげて、ブラックさに堪忍袋の緒が切れたが。

詳細はこちらの記事に譲りますが↓

私がクラウドソーシングでのライター業を諦めて、ブロガーとして頑張ることにした理由
日野成美(@hinonarumi)です。このたび在宅ライター業をやめてブロガー・小説書きとしての活動を重点的にしていくことに決めました。クラウドソーシングサービスによる記事コンテンツ執筆業が、様々な観点からあまりにもキツいからです。私の体験を参考にできる方が他にもいらっしゃるかもしれないので、丁寧に書いていこうと思います。

ホウレンソウどころか

お詫びや挨拶もろくにできないクライアント、

深夜の確認メール、

1文字0.1円以下というスキルの叩き売り状態(しかも数千字書かなきゃいけない)、

著作権の軽視。

というわけで、私はクラウドソーシングは今はやっていませんが、

以前には確実にお金が手に入る手段として、

かなり重宝していました。

長く仕事にするのは推奨できませんが

とりあえずその場をしのぐには、オススメできます。

確実にまとまったお金は手に入る

書き続けていれば(手数料引かれますが)数千円が手に入ります。

文章書くのがある程度なら苦にならず

タイピングも得意で調べ物もイケる。

基本は調べ学習でレポートな感じではあるので、

そんな人にはオススメ。

アンケートサイト(1ヶ月 1円~1000円以上)

手軽に地道に確実に稼げる



ポチポチと選択肢を

タップとクリックしまくるだけで

1回のアンケートにつき

1円~数十円の報酬ポイントがもらえます。

超初歩として、アンケートサイトはオススメ。

私も重宝しています。

いかんせん1円とか10円をチリツモらせるのは時間がかかる

あくまでスキマ時間に

アンケートのみでやると

100ポイント貯めるのにも、ちょっと時間がかかります。

でも、ポイントサイト経由でのおかいもの、

モニターなども駆使すれば、ポイント貯まる速度は上がります。

また、ショッピングダイアリーなどのモニターになって

きちんとデータ送信をすれば

1週間で100ポイント以上が付与されます。

アンケートサイトも「継続は力なり」。

気分転換にもなるので、オススメです。


では、前編はこのあたりで!

またネットの海でお会いしましょう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト志望へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする