ウィークリーマンションで一人暮らししてきたので報告してみる【準備編】

節約系ミニマリストライフハック

この記事を3行でまとめると

ウィークリーマンションで夢のプチひとり暮らし

とりあえず今回は準備・入居編。

想定外になんでも揃っていてびっくりっていう、おはなし。



社会進出の一環としてひとり暮らしの練習することにした。

節約系ミニマリスト、うつ病なひと日野成美です。

 

家でのストレスが限界でホテル泊をしてみましたが

逃避したいなら「ホテル泊」プチ家出もあり?実家暮らしの苦しさから離れて
おうち、きらいっ! うつ病な人間、日野成美です。 環境要因で精神状態が悪化するのは よくあることですが、 私の場合は、家(実家)が一番の鬼門。 嫌いという度を超えます、ほんと、嫌。 と...

案外元気に暮らせることが判明し(倒れることはあるけど)

 

別にホテルじゃなくてもよくないか?

 

というかホテル泊、食費がかかる! 自炊したい!!

いろいろ調べて考えてみた結果……

ウィークリーマンションっていう選択肢が出てきました。

ウィークリーマンションとは

文字どおり、1週間など

超短期での滞在を前提とした「マンション」。

 

というか、宿泊施設っていうよりも

実際はパット見、ふつうの賃貸アパートです。ハイツ的な。

 

家具・家電・調理器具付きのアパートの一室を

契約して借りることになります。

 

類似のものに「マンスリーマンション」。

こちらは1ヶ月単位の契約になるかと、詳しくはググってください。

 

有名どころだと、レオパレスとか。

私は、茨城県に拠点を置く

「ホソダ興産」

というところのウィークリーマンションを契約。

せっかくなので、自宅からちょっと離れたところにしました~。

 

場所や料金にもよるのでしょうが、

もろもろ調べると広さは1DKくらいのお部屋。

複数名での利用もできる模様。

(ちなみに音ダダ漏れなので

カップルはやめといたほうが無難かと。

 

家族が入院中という看病の方の滞在先、

仕事や学業で長期滞在するけどホテル高価いという方、

 

また、うちのドクターに聞いたところ私のように

「療養中の患者が自立するための練習」として

ウィークリーマンションを活用する例も

入院施設で実際にあるということです。

気になる価格は……

私の行った場所は

1週間(7泊8日) 24,000円(税込)でした。

無線Wi-Fi使える、上から2番目のプランです。

ちなみにビジネスホテルだと、金額は数倍するんじゃないか……

プランもいろいろ種類がある

1番上のプランだと

なぜかプレステとDVDプレイヤーがついてくるっぽいのですが

私はゲームしないので、シンプルにWi-Fiが使えるプランに。

携帯型のWi-Fiルーターを持っている人や

とりあえず寝られればいい、という人のための

もっと設備を削った安いプランもありました。

契約はネットで

サイトのフォームで個人情報入力入金(クレジットカード支払い)

身分証の画像をメールで送付部屋番号などの案内メールが届く入居

楽天トラベルやじゃらんとかで

ホテルの予約するのとほぼ同じノリで

カンタンすぎてビビりました(;・∀・)

なにを持っていけばいいの?

服・仕事道具・食材(調味料含む)・暇つぶし用サムシング

財布・携帯・免許証・充電器さえ持っていけば

あとはまったく問題ありません。

びっくりするぐらいすべてが揃っています。

 

てか、実家にもない乾燥機があるよ、やばい!

お風呂の給湯が、温度が指定できるやつだよ、

40度って設定したら自動で40度出してくれるやつだ!

トイレがウォシュレットだよ、すごい!!

プランや会社にもよるかと思いますが、びっくりですー。

思いついて持っていったもの



ヘアブラシ・筆記用具・ハサミ・洗濯ネット・計量スプーン

 

ヘアブラシと筆記用具は「持ってきてね」と

サイトに書いてあったので持っていったのですが

 

ハサミがない可能性がひらめいて、あわてて持っていきました。

着いたら、キッチンばさみもなかったので、安心……

 

あとは、レディな下着などを洗う際に、たいせつな洗濯ネット。

こちらもドタンバで、100均で買って持っていきました。

なんと食器まである。鍋フライパンもある

いたれりつくせり感がやばい。

自炊して節約できるのでお財布にうれしい。

すごいなウィークリーマンション。

と、思いましたが、なんだかんだまだまだある。

過ごしていく上で重要なこととか、さらに書きたいので

次回へつづく!となります~。

ではまたネットの海で。

投稿者プロフィール

日野成美
日野成美うつヌケフリーライター/節約ミニマリスト
「今あるお金を、楽しく。」
ふつうに豊かに暮らしたい、と好景気を夢見てきた元うつ病人平成元年生まれアラサー。
No.1セールスライター・コンテンツライター・Webマーケター
特技は「雑誌のキャッチコピーを読んで、狙っている読者層と記事スポンサーを当てること」「狙った読者層をネクストアクションに誘導する文章を書くこと」「ひらがな・カタカナ・漢字の使い分けの解説」

14歳で重度うつ病と診断。30歳のとき、なけなしの貯蓄口座残高50万円を全額セルフケアに投資して、17年間戦ったうつ病をわずか1年半で克服しました。
以後、今あるお金や資源を有効活用するPDCAを回すことが得意に。
月10万円一人暮らし時代を経て、現在は夫(分析担当)といっしょにフリーランスのセールスライター・SEOライターとして活躍。

「ふつうに豊かに暮らす」の難易度がエクストリームモードの現代において、お金を楽しく回すためのメソッドを発信するブログとして運営中です。

「商品が売れるセールスレターがほしい」「CVR上げたい」「お金の稼ぎ方を知りたい」など、ご依頼はメールフォームからお気軽に。

コメント

タイトルとURLをコピーしました