派遣の単発バイトができない!?どうなる病人の社会復帰

単発バイトの派遣登録ができなかった。

いろいろとゴタゴタバタバタしていて

ブログの更新をサボっておりました。

うつ病な人、日野成美です。ご無沙汰しております。

さて。

「ブログの収入も心もとないし、単発バイトでもするかねぇ……」

と思ったのでした。

体調はあいかわらず、だるかったりしつつ低空飛行。

でも追加収入はほしい。

そこで派遣会社を探して、ポチッと登録。

うし説明会だー!と、そのまえに持ち物リストのなかに……

持ち物:「単発派遣ができると証明できる書類」

よくわからないので電話で派遣会社に聞いてみた。

派遣会社のお姉さん

「お客様は世帯年収500万円以上ではないということで、

そうなると単発派遣は法的にできないんです><」

(゚Д゚)ハァ?

ということで今回の記事です!

病人の社会復帰の第一歩として機能していた

単発バイトの道が閉ざされた現在、

課題とできることについて考察するっておはなし。

(ま、ほぼ愚痴な感じですが……^^;)


単発バイトができる法的な条件

働き始めるときに、派遣会社にて、年齢を確認できるもの、学生証、収入を確認できる書類の提示などが必要になります。

(ア)60歳以上の者

(イ)雇用保険の適用を受けない学生(いわゆる「昼間学生」)

(ウ)副業として従事する者(生業収入が500万円以上の者に限る)

(エ)主たる生計者以外の者(世帯収入が500万円以上の者に限る)

――厚生労働省 「クローズアップ 知っておきたい改正労働者派遣法のポイント」より

あと、

専門職の単発派遣は例外で合法というのもありました。

その道の専門家・高齢者・学生・それなりの収入のおうちの人

これらのいずれかしか、

単発・短期の派遣バイトはできない

基本的に、考えたほうがよいようです。

私は派遣会社の登録ができませんでした。

病人の社会復帰に単発バイトは一役買っていた

私も以前、障害年金受給を決意するまでは

試食販売のアルバイトで細々と生計をつないでいました。

体調にあわせてポツポツ入れられる単発バイトの存在に

どれだけ助かっていたかわかりません。

それに、

社会との接点としての単発バイトは、

社会復帰にとても役立っていました。

一気に長期雇用のアルバイトや正社員となったところで

体調的にもたなければ、話になりません。

徐々に、すこしずつ……

ソロソロと足をふみだし、社会復帰につなげる第一歩。

私にとって単発バイトはそんな感じでした。

障害者雇用ってのは、どうなの?

それなりに調べました。

障害者手帳を持っていれば、

障害者雇用枠でいくという可能性もあります。

「体力的に、週2〜3の短時間とかないかなぁ……」

と、その結果出てきた内容は。

週5フルタイム

週5で4時間

週3でフルタイム……

フツーの雇用と変わらないじゃねえか。

体力的に私はとても働けません。

やばい、実感の乖離がホントやばい……。

懐がさびしい病人が迫られる3択

病歴をごまかして普通のアルバイトをする




私はコレでつないだこともありました。

体調的に3ヶ月~半年で離職を強いられることが

何度も何度もつづいて

職場含めた周囲に迷惑をかけてしまうので

今は視野に入れていませんが……

ただ、一番堅実かもしれません。

在宅ワークで稼ぐ

私はとりあえずコレでいくことにしました(T_T)

ブログ運営や、ココナラでのサービス販売

いろいろ試行錯誤です。継続は命。

資格取得のために勉強をする

これは将来の投資としてですね……

図書館やネットでなど、可能な限り安くあげつつ

未来の職につなげる感じです。

障害年金など行政の支援を視野に入れる

追いこまれたらコレになりますかね……

障害年金受給1年。変わったこととそうでないこと
この記事を3行でまとめると 障害年金2級を受給するようになって1年。 受給することでゆとりができて体調もよくなり 自立したい気...

ただ、障害年金1ヶ月65,000円でやっていくって

被服費、通信費など自分にかかるお金を自分持ちにすると

正直かなりきついです。

一人暮らしはムリ。

一身独立して一国独立する。現状はかなり厳しい

ピックアップしてみて思いましたが、

単発派遣のバイトという選択肢がなくなるだけで、

社会復帰をおそるおそるする病人の

復帰の足がかりが一気になくなり

社会との接点がかなり失われるのです。

国は改正派遣法つくるとき、考えたんだろうか……

考えてないんだろうな。うん。

根本的な打開策といったら、やはり選挙で投票するとか

政治家に言ってみるとかなのでしょうね。

いろんな境遇のひとがいる、っていうことを

視野に入れてほしかった……

愚痴ですけどね。

やはり自分でお金を稼いで、独立したい。

そんな人への支援を、国にはしてほしいなあ。

がんばるからさ。受け身ばっかりじゃなく、ちゃんとがんばるから。

ではまたネットの海で。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする