スターバックス作業のメリット・デメリット【フリーランス・ノマドワーカー作業場放浪記】

ノマドワーカーに大人気「スタバ仕事」

スターバックスで作業。

なんかかっこよさそうだったのでやってみたかったんです。

このあいだやってきました、日野成美(@hinonarumi)でございます。

おうちで作業ができないということで

作業場を探して彷徨った経過をまとめるこのシリーズ。

今回はスタバ編

(予約公開設定ができてなくて今さら公開です、すみませんー!!)



落ち着いたダークブラウンの空間ーースタバでお仕事!

都市部を中心に1,300以上の店舗を展開

さまざまなフレーバーのコーヒーが楽しめる、スターバックス。

主に都市部を中心に、

1,300以上のお店が日本全国に広がっています(※2017年現在)

スタバがあればそこは都会だと思っている

私は田舎者です。

とにかくオサレ空間。コーヒーという大人の飲み物を楽しめる

ちょっとハイソサエティ(?)な場所。

私も(いや、手持ちのお金すくないけど……)大好きです。

スタバの魅力はやっぱり「Wi-Fi」スポット!

ノマドワーカー・フリーランスに大人気の理由は

やはりWi-Fiの存在。

スターバックスのフリーWi-Fiが利用できます。

なんとなく「居やすい」感覚を覚える――それがスタバ人気の秘訣かもしれません。

メリット なんとなくホッとするオトナ空間

空間設計が非常にすぐれているスタバ

ダークブラウンの色調で統一され、絵画も飾られて

落ち着いたオトナのコーヒー空間。

価格帯を少し高めに設定しているからこそ実現している

静謐さえ感じるおだやかな場所です。

マクドナルドとはまた違いますね。

「コーヒー300円」の客層

下手すると700円近くする飲み物もある

セレブリティなお財布感覚。

今回、日野成美の場合は

「いかにコスパよく=お金を使わずに作業するか」がコンセプト……。

ブレンドコーヒー、もしくはカフェ・アメリカーノの

ショートを頼んでいました……

税込で300円以上しますが、そこはそれ。

結構マグカップいっぱいに、なみなみと注がれてくるんですよね。

ショートでも足りないと思ったことはありません。

デカフェのコーヒーもある

+50円になりますが、

ノンカフェインコーヒー(デカフェ)にすることもできます。

花粉症の時期などに、私も刺激物を控えるようにしているのですが

デカフェのコーヒーを楽しめるのは嬉しいです。

「マイマグカップ・タンブラー」を持っていくと20円引き

これは結構知られていること。

マイマグ・マイタンブラーを持っていくと、20円引きしてくれます。

お得感ハンパない「スターバックスカード」

スターバックスカードは

スターバックスで使える電子マネーです。

オリジナルブランドっていうんでしょうか……

ちなみに、Suicaなどほかの電子マネー・ICカードは使えない模様。

その代わり

50円で1Star(ポイント)が貯まる「スターバックスカード」は

お得感がすごいです。

コーヒーの香りがほっと落ち着く

なんか落ち着くんだよな~なんでだろうな~ε-(´∀`*)ホッ

「スタバ落ち着きますね!」と店員さんに言うと

「コーヒー豆の香りがほんのりしますからね!」

あ、たしかに!

ほのかなコーヒーの香り。

スタバが落ち着くのは、アロマ的な要素もあるのかもしれませんね。



デメリット:スタバがあるのは都市部中心。場所代がちょっとお高めなのは否めない

長居できない(特にピークタイムや繁忙期)

マクドナルド編でも書きましたが

あくまでもここは飲食を目的とする場所。

粘るとしても3時間が限度です。

ピークタイムや土日は、お世辞にも落ち着いて作業は難しいです。

お店の人とほかのお客様の眼を気にしながらになる……!

田舎にはスタバ自体がない

「スタバの有る無しは、その地域の都会度を図るものさし」

という言葉があるそうですが

ちょっと都会なエリアを離れると、スタバの姿は消えていきます

「じゃあふつうの喫茶店で……」という声も聞こえますが

ふつうの喫茶店にはWi-Fiがないので、作業場にはなりづらく(>_<)

私の「近場」のスタバも

車で20分(徒歩1時間)か、電車を利用することになります。

……田舎でだってフリーランスでノマドしたいんじゃ( ゚д゚ )クワッ!!

やはりコーヒー代が高価い感じは否めない

マクドナルドと比べると、まあそこは……

しかし。

300円コーヒーを10日続けると、3,000円。

月に9,000円を場所代として払うのは

日野成美的にはキツかった……

さて、本格的にフリーランスで

ノマドなブログと小説物書きをはじめた、日野成美。

最終的にたどりついた場所とは?

そして、そこは本当に楽園のような場所なのか?

次回へ続く!

またネットの海で!

にほんブログ村 小説ブログ 小説家志望へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

お問い合わせフォームはこちら。コメント欄はさらに下へ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする