マクドナルド作業のメリットとデメリット!【フリーランス・ノマドワーカー作業場放浪記】

物書き=究極の在宅ワークな、わたくし。

こんにちは日野成美(@hinonarumi)です。

祖母が救急車で搬送とかプライベートがドタバタ続きで、

小説講座どころじゃなくてお待ちいただいてるみなさま

申し訳ない。・゜・(ノД`)・゜・。

ブログと小説書きを日々の仕事にしている私。

Wi-Fiとパソコンとスマホと

テーブルと筆記用具さえあれば、どこでも仕事ができます。

しかし地味に自宅で仕事がはかどらないことが判明

誘惑が多い、とかそういう問題ではなく

日野家のおうちは 防音装備が紙(物理)。

障子とふすま。音ダダ漏れ。

他の家族がいると、気が散っていけません。

なので思いきって

お金を投資して作業を外ですることにしました。

問題はコスパだ!

貧乏人お財布ミニマリストな日野成美。

うっかりお金は使えません。

どこで仕事すれば一番はかどるか、あちこち放浪した結果を披露!

マクドナルド・スタバ・自宅・コワーキングスペース

それぞれのメリット・デメリットを分析・検討します!



マクドナルド100円コーヒー作業!

店舗が多く、価格帯も安いマクドナルド

全国に2,898店舗(※2017年現在)

圧倒的店舗数を誇り、田舎にもちゃんとあります。

コレがスタバやコワーキングスペースだと、こうはいきません。田舎って……(T_T)

身近なWi-Fiスポットとして、マクドナルドは大切な存在ですね。

日当たり良好なマクドナルドWi-Fiスポット

窓からうつくしい冬の青空を見上げ、朝の日差しを受けつつデスクワーク。

周囲ではのんびりと朝マックな人びと。

なかなか風情があっていいものです。

多種多彩なお客さんを観察するの、私は好きでした。

価格帯が低いことから、本当にいろんな方がいらっしゃいます。

これはスタバとは対照的ですね。

いろんな人間ドラマを見ることができて、楽しゅうございました。

プチプラなランチができる

平日昼のバリューセット500円~。

昼ごろに行っててりやきマックバーガーとか食べてから

作業することもありました。

カロリー度外視すれば嬉しいひととき。

アプリクーポン使えば別途安くなったりもしますし

クーポン使いこなすのも楽しみの一つでしたね。



デメリット

隣に子連れや学生の群れが座ると……

やかましい。

マック作業あるある。これを耐えられるか耐えられないかが分水嶺……

あかるい空間設計のおかげでかえって落ち着かない

マクドナルドは空間設計コンセプトが「開放的」の模様。

お子様連れからお年寄りまで、みんなを受け入れるハッピーな場所。

そのため、空間そのものが賑やかで明るいです。

しずかな作業に適した場では、ないかもしれません。

席の場所によってはWi-Fiが弱いor使えない

コレ困るんですよね……(;・∀・)

席は早めに確保しないといけません。

昼どきとかに行ったらWi-Fiスポットの席が全部埋まってた、なんてことも。

お店によっては「席での作業お断り」

最近と特に多くなってきたようです。

コーヒー1杯2時間が相場といわれていますが

お店は食事の場であって、作業場ではない、というのが一応コンセンサス……

お店の方にルールを説明されたことは

私はまだありませんが、

居座るなら100円コーヒー1杯では

済まないことは覚悟しておいたほうがいいかもしれません。

番外編:食べ物のカロリー数がめちゃくちゃ高い

500kcal近くするのな、マックフライポテトMサイズって。

ええじゃがいも好きです。糖質まみれです。大好きですポテト。

だからマクドナルド作業危険なんです私にとってはorz

こんな人にオススメ

・マクドナルドが近くにある!

・マクドナルド株主優待券を持っている

・騒がしくても集中力を保持できる

・マクドナルドが好き

・かつポテトの誘惑に屈することなく

・適度なタイムスケジュールを組める人

には、マクドナルド作業はオススメです。

なんだかんだで「その場」が自分に合うか合わないかですね。

あ、ポテトの誘惑は結構真剣に。

「マクドナルド作業をはじめて気づいたら太ってた」

ということになりかねないので要注意……!

さて次回は「たっけえな」というイメージのスターバックス作業!

これも実録してきました。明日の昼に公開予約してありますからね!

旅を楽しんできます。ではまたネットの海で。

にほんブログ村 小説ブログ 小説家志望へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

お問い合わせフォームはこちら。コメント欄はさらに下へ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする