北陸新幹線へ数千円安く行ける〈新幹線宿泊パック〉の威力

この記事を3行でまとめると

北陸新幹線で首都圏から金沢まで旅するには

新幹線宿泊パックがお得!

なんと通常の往復切符の料金で、往復切符+宿泊もできたよっておはなし。



いい日、旅立ち。

私はほぼ月一で旅にでます。

時間とお金がなければできない、旅。

毎回超絶リーズナブルに仕上げていますが

決してお金がありあまっているわけではありません。

仕事の可能性や幅を広げるために

旅に出ています。

今回は、北陸地方に行くことに。

で、やはり気になるのは、旅費。

とくに「固定費」とでも言うべきホテル代と交通費は

可能な限りお安くしておきたいところです。

「えきねっと」より安い「新幹線宿泊パック」

JR東日本を活用する上で

絶対に欠かせない

えきねっと

VIEW CARD

「えきねっと」は、JR東日本の

インターネット予約サービス。

新幹線チケット事前予約の

「お先にトクだ値」だと10~30%の割引席が

とれることもあります。

みちのくへ行くときは

必ずえきねっとにお世話になるのですが…

えきねっとよりも強い方法が……ある!?

説明しよう、新幹線宿泊パックとは!

その名の通り

お宿と新幹線のチケットがセットになった

旅行プランのことです。

通常の新幹線チケットだと

東京駅から金沢駅まで

14,120円

往復だと28,240円かかります。

それがかなり格安でイケるとの情報をゲット。

情報元:「北陸新幹線にも格安で乗る方法があります」さま

私は大宮駅から金沢駅までの往復チケット

(通常なら片道13,070円、

往復26,140円)

およびホテル代を含めて

28,000円でした。

新幹線の往復代でお宿も取れてなんてリーズナブル。

使い方

まずはインターネットでプラン比較

プラン比較には

Travel.jpさま

を利用させていただきました。

あちこちの会社が出している旅行プランを

一括検索できるこのサイト。

今回は近畿日本ツーリストさんにお世話になることに。

インターネット上で手続き

所定の手順にしたがって、パパッとしてしまいます。

でも一度手続き完了したら

キャンセル料がかかる場合があるので、要注意。

いろんな予定が決定してから、この手続きはしましょう。

最終日程表とチケットが「郵送」で送られてくる

「送りました♪」というメールが事前に届きます。

で、郵便局の配達おにーさんから直接受け取り。

チケットも入っているので要確認。

忘れないように注意なのだ!

あとは当日を待って、時間通りに動くだけ!

あとの項でも述べますが

この新幹線宿泊パックのキホンは

時間通りに行動することです。

余裕を持って行動しましょう……。

ホテルのフロントには「最終日程表」を出してチェックイン

「新幹線宿泊パックで予約いたしました、こちらお願いいたします」

と、送付されてきた最終日程表を

ホテルのフロントに提出。

最終日程表は旅が終わるまで大切に持っていましょう。

フロントの方が確認とれたら、無事チェックインです。

あとは現地を楽しむだけ!

注意点

乗り過ごした場合、新幹線はあらためて切符を買う必要がある

時間厳守です。

乗車券の関係上、自由席にも乗れません。

ここで間違えると相当きついので

時間には、ゆとりをもって。

ホテルのチェックイン時間も定められている

デフォルトで、一番早い時間帯に予約されていました。

それよりも観光などで遅れる場合には、

ホテルに一報入れればOK。

電話でも、フロントに大きな荷物を預けるときにでも。

というのも

2時間くらい時間を過ぎるとキャンセル扱い

不泊ということでお金も戻ってこないので((((;゚Д゚)))))))

気をつけませう!

キャンセル料が、わりと早い時期から定められている

ふつう、ホテルのキャンセル料は

2~3日前からかかるのですが

新幹線宿泊パックではお宿などをとる関係上なのか

出発の数週間前から

数十パーセントのキャンセル料が発生する場合があります。

旅行の予定が完全に決まってから

予約はしたほうがよいですね。

それでも新幹線宿泊パックは、超おトクだ!

ふつうに往復切符買ってホテルとるより

数千円お安くなるのは、嬉しいところです。

てか、往復切符代よりも安くつくっていうね。

固定費も軽くてすみ、

安心して北陸は金沢を楽しんでこられました。

さすが小京都……うつくしく見事な街でした。

高層階とかすくなくて、田舎っぺの私好み。史跡もたくさん!

また行きたいですね、今度も、また新幹線宿泊パックで。

ではまたネットの海で。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする