「ワールドギフト」に布団やぬいぐるみ、メガネなんかを寄付してきた

この記事を3行でまとめると

不要となったふとんや

卒業したぬいぐるみ、メガネなどを

国際社会支援団体「ワールドギフト」に寄付してきた、おはなし



布団、ついにせんべいと化す

擦り切れて中身が出てもなお

カバーてごまかしつつ使い続けていた

布団。

気づいたら

寝ると体が痛くなったり凝ったりしてて

うまく眠れないことに気づき。

さすがに寿命と思いました。

そこで、ニトリで布団を購入することを決意。

8000円も出せば買えるのね〜。

これまで使った布団をどうするか?

1. 粗大ゴミ

2. 切り刻んで燃えるゴミ

3. 不用品回収業者

4.布団屋さんで下取り(ニトリでもやってる)

5. 寄付

いろいろありますが、調べたところ

ニトリで下取りしてもらうと

手数料として3,000円

宅配便で寄付しても高くて

送料3,400円と

処分費用はあんまり変わらないことが判明。

私は寄付の形で処分することにしました。

国際社会支援団体「ワールドギフト」

「ワールドギフト」公式サイトはこちら

心配な寄付物のゆくえですが

メールで寄付物とかのその後を教えてくれるみたい。

少なくとも慈善団体を装ったテロ組織の資金源とかじゃなさそうだな

私は信用することにしました。

発展途上国、動物愛護施設、障がい者施設、高齢者施設などに

送ってもらえます。

「ぬいぐるみ」も引き取って、次の人に渡してくれる

もう卒業したけど、しまい場所に困り、処分もできない

ぬいぐるみ。

このコたちも次の人に渡してくれます。

発展途上国とかに送ってくれる模様。

「このコら神社で供養かな(涙)」

と思ってたのですが、これもご縁。

次の人に可愛がってもらえるんだよ。

泣けるから写真は上げない。

もう使わない「メガネ」も引き取ってくれる

もう一つ、処分に困るのが

メガネ。

中学生のときから使っているメガネは

度数が変わったりして、今では使えません。

予備の分は確保してありますが

あとのは引き出しに眠っていました。

問い合わせたところ、こちらも引き取ってくださるとのこと。

メガネや……次のひとに使ってもらうんだよ……!

私が送ることにしたもの

・布団とまくら

・服2着ほど

・靴

・メガネ

・ぬいぐるみたち

・ほか、雑貨や文具など

引き出しや押し入れに眠っていても、

また燃えるゴミに出してもかわいそうなモノたちを。

さあ、決まったら善は急げ!

手続きと流れをレポート!

1.箱に荷物を詰めて、サイズを測っておく

梱包材としては

古紙リサイクルとして利用できる

ダンボール箱がベストとのこと。

私のものは明らかに入るダンボールがないので^^;

ニトリで購入したときの、ふとん袋を転用しました。

で、メジャーで

タテ・横・高さ合計何センチになるか

を測っておきます。

それで手数料が変わってくるので、きちんと。

私はタテ・横・高さを合わせて140センチでした。

2.メールフォームで手続き

詳細は「ワールドギフト」公式サイトを参照。

名前、メールアドレス、電話番号、住所など

宅配便に必要なデータを入力。

また、この段階で荷物のサイズを訊かれますので

先に梱包しておきましょう。

120サイズは、2400円。

140サイズなら、2900円。

170サイズは3400円です。

(いずれも重量30kg以下)

送料・手数料コミコミとのこと。

ニトリで下取りするよりも100円安く上がりましたね……。

3.確認メールが来たら、手数料を「ワールドギフト」の銀行口座に振込

ワールドギフトのHP掲載の銀行口座に

手数料を振込みます。

私は、2,900円を、ゆうちょ銀行で振込みました。

ほかの銀行だと手数料がかかるのかな……?

3.集荷を待つ

集荷指定日の指定時間に、郵便局(JP)さんが来るので

おうちで荷物といっしょに待機。

「こんにちは~、JPです~」

と陽気なお兄さんの声がしたら、荷物を渡しにいきます。

そこで「お客様控え」をもらって、

荷物をあずかってもらい、

トラックを見送って、すべてのミッションがコンプリートです。

「思い出の品」の断捨離にも、オススメ!

なかなか思いきれない、大切なものの処分。

ひな人形やランドセル、家具家電、

遺品なども受け付けてくれます。

遺品は追加料金を払えば、提携神社で供養してくれるとのこと。

ニトリで3000円かけて処分よりも

こうして誰かの役に立てるようにするほうが

いいかなっと。

断捨離のとき、ぜひとも「ワールドギフト」を思い出してみてください。

ではまた、ネットの海で。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする