まずはストレス対策!在宅ワークで集中力が切れたとき

この記事を3行でまとめると

在宅ワークで集中力が切れないようにするため方法を

「ストレスを整える」という観点から実践して

オススメできるものを書いてみる、おはなし。



お金を稼ぐ第三の選択肢、在宅ワーク

外でアルバイトをすること3年余。

いくつもの職場を転々とし

過剰なストレスでその都度体を壊し

長くても半年……

結局のところ、一番心身に負担をかけず

かつスキルを活かせるのは

在宅ワーク

であると確信して

ここ1年ほど文筆でちまちまと、

月に1~2万円程度の収入ですが、稼いでいます。

集団生活が苦手だったり

病気などハンディがあって就職が難しい場合、

たしかに文字単価=収入は

低いところからのスタートにはなりますが

「第三の選択」として在宅ワークは悪くありません。

私はクラウドワークスを仲介してお仕事をしています。

〈体調〉と〈環境〉と〈ストレス〉を整える

この3ポイントを、まずはおさえましょう!

体調――休息と気分転換と「ムリに進める」バランス

私の場合、集中力が切れるもっとも大きな要因

体調不良。

自律神経の乱舞する夏は

起き上がれないときもあるので

コンディションを整えるのは最優先事項です。

「んな体調を整えるなんて、

カンタンに言ってくれるな!( ゚д゚ )クワッ!!」

と、世の持病持ちのみなさまは

おっしゃるかと思います。

ただ、たいていの病気は

安静にしていれば回復しますので

体からサインが出たら、安静にするのも仕事のうちです。

私の場合、休息の目安は1〜2時間。まとめて睡眠をとります。

無理せず休むタイミングとは

「休息」する時とは――

「体がめちゃくちゃ眠たがっているとき」

こうなるとなにをしてもムダです。

たいてい、「眠さ」というのは

「だるさ」と感覚的に混同されがちです。

「だるい……」と思ったら、

少し横になるか眼をつむるかすると、いいですよ。

「ちょっと無理してもいい」ときって?

ただ休めばいいという話ではなく、

少し動くと自律神経が整って

体に良いということもあります。

あんまり寝ると体がガッチガチになるんですよね(;・∀・)

だから私は

ワンコの散歩を日課に取り入れています。

1日2回。ダイエットも兼ねて!

脳みそのデフラグにもなって、良いですよ。

環境――1日の最初に部屋の環境を整えてしまう

環境とは

・着替える

・空調整える

・PC立ち上げる

・部屋の掃除をする

・資料とタイマーと音楽(スマホ)を手元に揃える

の、主に5つです。

ここまで用意ができたら、

仕事は半分、進んだようなものです。

あとはタスクをこなすだけ。

私が時間管理に使っているアプリはこれ!

30/30

(App Storeへ)

ストレスの整理

ものすごくストレスがたまっていたりすると

なかなか仕事が進みません。

そんなときはまず、

深呼吸!

すー……はーー。すーはー……。

瞑想やマインドフルネスの要領で

長く集中した呼吸を、1分未満でもすると

脳内の酸素のめぐりが一気によくなって

頭がサッパリします。

イライラしているときって

肺に酸素が少ないんですって。

とりあえず、深呼吸。

紙に書き出して吐きだしたり、

他の人に愚痴ったりするのも、整理整頓には悪くないです。

あとはひたすら散歩です。

体、そして自律神経のリズムも整うので、

スティーヴン・キング(作家という在宅ワークの究極系の人)も、

書けないときにはひたすらに

歩いて、歩いて、歩いて、

脳内を整理していると

著書『書くことについて』で述べています。

番外編:いくら工夫しても、どうしても集中できない…

心療内科・精神科で薬をもらう・調整する

いくらあがいてもムリ、かつ

それでうつ状態におちいる場合

脳はじめ体のハードウェアに問題がある可能性があるので

おとなしく心療内科などへ行きましょう。

薬を調整してもらえば、楽になれることも。

うつ状態が伴って、だるい、などがある場合は

ムリせず医者を頼ってくださいね(>_<)

やることを書き出して、ハードルの低いものを実行。ムリなのは後に回す

とりあえず頭にあること全部書きだそうぜ。

私は裏紙にバサーッと書き出しています。

で、書いたことはすべて一度、忘れる。

これをコルクボードやホワイトボードを使用した方法でやると効果的なので

今度記事あげますね!

自分の体調とペース、得たい収入に合わせて仕事を

今回は自分へのまとめも兼ねて。

在宅ワークは外で働くよりもお金になるまでが大変ですが(歩合たから)

マイペースでやれるので、持病持ちの方にはオススメ。

季節の変わり目、みなさま体調お気をつけて。

ではまたネットの海で。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする