被服費、救済!ユーズド(リユース)ショップ・古着屋の活用術と注意点

この記事を3行でまとめると

1着300円から!?

お財布の味方・リユースショップや古着屋を

被服費のためにフルに活用したいっていうおはなし



世間はその気になれば、お金なくても楽しく生きていけるようにできている。

私はそう信じています。

100円ショップは

百貨店顔負けのアイデアと質を持った商品を繰り出し

アクセサリーは300円ショップで買える時代。

長年のデフレ不況により

日本人のお財布感覚はミニマムになっていき

「貧しきことは美しきかな」という

質素堅実を旨とする

日本的美学にも適応したのか

とにかく

「買いたい価格」デフレーション

が進み、それはとどまるところを知りません。

そんな私が

(1ヶ月の被服費目標2,000円)

活用しているのがーー

お財布の救世主〈ユーズド(リユース)ショップ〉

リサイクルショップとも言います。

要するに古着屋とかですね。

ほか、雑貨や家電、家具、アクセサリーに宝石類まで

売っている場所もあります。

「使わない」と思っている人から

「ほしい」と求めている人の手へ。

エコでお得な素晴らしい場所です。

ちなみに

値札がついているような

新品も取り扱っています。

一度人の手に渡ったこともあり、かなりの割安で入手可能ですよ!

気になる価格帯

基本的に

1着300円〜900円。

私はそれくらいの価格のものを

入手することが多いですし

どこのリユースショップも

店内大半がそんな感じの価格設定です。

さすがに

バーバリーの新品に近いスカートは

10,000円近くしますが( ̄▽ ̄;)

そんな感じなので、

たまに1,000円超えすると

「たっけえな」

と思ってしまって

価格概念の破壊が起こる

おそるべき場所でもあります。

安いモノの理由

ワンシーズン以上前のものは安い

いわゆる

「型落ち」

というやつですね。

流行の最先端が揃っているわけではない感じです。

しかしたいてい流行は2シーズンくらい続くとみていいですし

似合ってる服を着るのが一番幸せなこと。

流行のプチプラを求めるなら

しまむらかGUあたりに行きませう。

サイズが極端に大きい/小さい、デザインが人を選ぶ

22センチのハイヒール

サイズがSSのブラウス

5Lのズボン

リボンが一面についたジャケットーー

こんなものは安いです。

私が見た、サイズがSSのブラウスは

正規の値札がついていて

10,500円

と書いてあったのに――

販売価格は500円。

着られるひとが少ないからでしょうが

これには( ゚д゚)ポカーンでした。

一度でも人の手に渡り、着用されると、安くなる

このあたりの原理がよくわからないのですが

とにかく、これは事実です。

でなきゃ、

新品のearthのベレー帽(推定2,000円)が

300円で売っている理由がわからない。

速攻買いましたよ!

質と状態の良いものは、やはりそれなりの値段がする

数百円台の商品とかとは別に

「お高い品コーナー」

どこも設けられています。

そこは2,000円、5,000円としますが

10,000円を超えることは稀です。

むしろ定価が万単位なものが

半値以下であつかわれています……

さまざまなブランドが共存するフシギ空間

ノーブランド品から

有名高級ブランドまで

テイストも価格も多種多様な商品が

一堂に会している様は

とてもおもしろく、お洋服の幅も広がります。

さーてここから先は

ユーズドショップ注意点です!

恐れるべき「安物買いの銭失い」

ユーズドショップで一番恐れるべきなのは

「安物買いの銭失い」

です。

「あれも安い!かわいい!ほしい!買える!」

の連続で、

私もどれだけの着ない服を犠牲にしてきたことでしょう。

それで再度売るとなると

数十円、高くても数百円の値段にしかならないので

安物買いの銭失いは

リユースショップを活用する上で

もっとも注意したい点です。

無理矢理サイズの合わない服を買わない!

「いつか痩せれば……!」

と思って買っても、なかなかうまくいかないもの。

体型に適した服を着ないと

体にも悪いですし

「安いから!」といって買うのは

見送ったほうがよいでしょう。

リユースショップをフル活用したいなら、ダイエットは必須!

筆者はふかふか体型。

リユースショップで

サイズの大きな服をあつかっていることは

けっこう少なく(あることには、ある)

少なくとも、標準体型ならば

着られる服の幅がグッと広がります!

被服費を安くおさえるには

うまくダイエットもこなしたいところ……

必要なものを、大切に、お得に買って使いたい。

だれかからバトンタッチされた、

一度はだれかの手に渡った品物たち。

可能なかぎり、大切にあつかいたいものです。

あまり買いすぎると

お財布的にもワードローブ的にも

ミニマムではありませんが

ご縁あって入手できたものは

大切に使うためにも

最初に「買いたい・買うべきもの」は

リストアップしてから行きたいものですね。

ひさびさに更新できた!うれしい!

ではまたネットの海で。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする