【おみやげ編】可能なかぎりミニマムにおみやげを選ぶ3つのコツ

この記事を3行でまとめると

お財布的にもモノ的にもかさばる〈おみやげ〉について

「消えるもの」である食べ物を格安で買う裏技や

「残るもの」を購入するときのコツなどをレクチャーする、おはなし。



おみやげは、ミニマムじゃない。

私は

スッカスカのキャリーケースで旅行に行っても

帰りは

・家族へのおみやげ(お菓子)

・自分へのおみやげ(モノ)

・家族へのおみやげ(モノ)

・友達へのおみやげ(お菓子)

これでキャリーケースの

半分くらい埋まることがあります。

かさばるお菓子とかのときは

宅急便にお願いすることもありますが

宅配料って1,000円以上かかることがあって

お財布的にミニマムじゃないので

なるべくキャリーに入れて終わらせたいもの。

おみやげのために

服の着替えを極限まで持っていかないという

ワザをこちらの記事で書きましたが、

今回は

後々までミニマムなおみやげについての考察です。

コツ1・まず基本は特産の「食べ物」

「消える」おみやげの代名詞といったら

お菓子をはじめとした

食べ物類です。

正直、持ち帰るときには

かなりかさばりますが、

ほぼ間違いなくよろこばれる品です。

(差し上げる相手のお好みや苦手なものは

 最初におさえておかなきゃなりませんが……)

さっそく裏技ですが

自宅用の品ならば

スーパーで調達したほうが安上がりでおいしいです。

その土地の特産品は

スーパーやコンビニで売っているものでも

十二分においしい。マジで。保証する。

山形牛はおみやげ屋さんの箱入りのやつじゃなくて

山形県内のスーパーで量り売りしたものでも

すでに劇的に旨かったし

秘密のケンミンショーでやってた(2017年6月29日放送)

福島県郡山市のソウルフード「クリームボックス」

会津若松駅前のファミマで売ってた。

コレコレ。

君ィ、茨城に来ないかね……超うまかった、これ……。

特産品って本当においしいです。

お菓子でも、なんでも。

迷ったら、とりあえず、食べ物。

コツ2.特産品で「今後使うもの」を購入

その地方でしか買えない

その地方で買うと安い

その地方に行くとさらにバリエーション豊かな

特産品を購入しちゃいましょう。

もちろん「今後使うもの」として。

宝の持ち腐れになったら、悲しいですからね。

私のおみやげ例:数珠

なんでおみやげで数珠とか買うわけ?

とツッコまれそうなのですが

わたくし27歳にもなって、

数珠、持ってなかったんですよ。

冠婚葬祭に出席するとき、さすがにアレじゃないですか。

いい大人なのに。

清水寺の近くに素敵な数珠屋さんがあったので

数珠入れとセットでお買上げ。

なんとなく、ありがたみが違う。

おみやげ例:ハンカチなど布小物

全国あなたこなたで紡がれる

織物の数々。

伝統的な柄や、とても良い素材のものが

日本のお土産屋さんにはあふれています。

ハンカチはじめ、ブックカバー、コースターなど……。

美術館のショップで売っているものは

質がよくてデザインも凝っていて素敵ですよ。

コツ3・いくらあってもいいもの、でも断捨離が難しいもの

絵葉書はどうあつかう?

床の間の掛け軸のように、

季節ごとに飾り替えてよし。

大切なひとへ何かの記念に送ってよし。

絵葉書は、いいですね。

私も大好きです。

でも、メールやLINE全盛期の今日このごろ

はがきを差し上げるということが

非常に少ない。

また、私は部屋に置く絵を最小限に絞っているので

せっかく絵葉書買っても、飾らないこともある。

結局のところ、選ぶ基準

タンスの肥やしにならないかどうか

です。

私は風景写真の絵葉書は買いません。

自分で撮れるか、あるいは記憶に刻みこんでおけるからです。

買うとしたら美術館の絵葉書。

プチ絵画として百均のポストカード立てに飾ります!

あとは、あまりにも溜まってきたら

適当にデコって年賀状として使っちゃうとか(笑)

神社やお寺でいただいたお守り・引いたおみくじは……

たぶん、一番処理に困りますよね。

とくに日本の神様は、

お守りにお宿りになられても1年更新で、

12月か正月にはお札もお守りも

取り替えなければなりません。

で、

観光地の寺社仏閣のお守りに限って

めっちゃカワイイんですよ。デザインが。

私はセオリーに反しますが、

大切に使いたいものは

キーホルダーなどとして長く愛用させていただきます。

これがダメ派と

大切にあつかうならば神様もよろこぶからOK派と

わかれるようなのですが……。

大切に使わせていただきたいなと。

ちなみに

絶対に引き出しの中に入れっぱなしにはしません。

縁起が悪いので。神様に失礼なのだ!

使わないものは神棚にお納めして、

正月後のどんど焼きとかのときなどに、

神社にお返しする形ですね。

おみくじは

内容がよろしくないときは結んで帰り(笑)

自戒の内容やよいことが書いてあったら

お持ち帰りー!

私はお正月後のどんど焼きのときに

紙袋に入れて溜まったおみくじを

神社にお納めします。

魔法の呪文「タンスの肥やしにならないか?」

ハイテンションな旅のさなかには

ハイテンションなお金の使い方をしがち。

でも、お買上げの前にちょっと落ちついて考えます。

差し上げる方は、

自分は、

手に取るひとは、それを使用するかどうか。

そもそも、旅に出たら

おみやげはなにがなんでも買わなきゃならない

……なんて法律はありませんからね。

旅の思い出を長く残しておくためにも

そんな考えでおみやげを選ぶのもよいですよ。

ではまたネットの海で。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする