嫌なことを思いだして落ちこんだときに浮かびあがるための、カンタンなワンステップ

この記事を3行でまとめると

「過去の嫌なこと=失敗体験」を思いだして落ちこんだら

小さな「成功体験」を思いだしてみると

うつ状態から回復できるんだねって、おはなし(例文と回答付き)。



過去の嫌なこと=「過去の失敗体験」である。

うつ状態な人ならお馴染み

「ムダに昔の嫌だったことを思い出して、落ちこむ」

現象。

特に屈辱感をともなった出来事や

今でも憎いあんちくしょう

なんであのときできなかったのか、後悔や悲しみ

人間、数えだしたらキリがない

あんなこと、こんなこと。

人生は理不尽というスパイスでできている。

「あんなことがあったオレは、だめ人間だ…」

私は長らく「健康」とか「元気」とかと無縁だったので

「ふつーの人」がコレにどういう対処をするのか、わかりません。

でも、ふつーの人でも落ちこむと

↑あんな感じのことが浮かんでくるのではないでしょうか。

うつ状態のめんどくせぇところは

その「嫌な記憶」を「自分の存在」とつなげて

「だから自分はだめなんだ…迷惑しかかけられない…

人からも嫌がられてる…」

そして

「死にたい」

とかに繋がるのです。

これは病気の症状のひとつで

体調悪いときは、こんなこと浮かんできません。

うつ状態になったときに酷くなる「フラッシュバック」のような現象。

私も足掛け14年、どれほど手こずらされてきたことか。

しかしある日気づいたのである。

シンプルな構図に。

嫌だったこと=失敗体験

要するに

「嫌だったこと=うまくいかなかったこと」

ということは

「嫌だったこと=失敗体験」なのです。

そこで私はひらめいた――

じゃあ「成功体験」で打ち消せばええんちゃう?

浮かんだ「失敗体験」を

「成功体験」を思い出すことによって打ち消す。

ここでのコツは

「相対評価」ではなく「絶対評価」で考えることです。

相対評価で誇れるようなコトがあれば

越したことはありませんが

私は基本的に上しか見ない人間なので

他と比べる=落ちこむ

なのです。

だからまあ

「250枚長編書き上げられたんだぜーー!!」

とかいう「できた」ことを適当に褒めてみる。

(内容とか質とか、もっと多く書く人とか作品の欠点や改善点やそういう深くツッコんだ考察はこの際しない)

自分に厳しい私たちに捧ぐ2つの「褒めること」

「成功体験?たべものですか?」

人間そんなに「大成功!」した経験を持っている人は稀。

私も完璧主義で自分に厳しいほうなので

いろいろと「だめ状態」にあっても褒められることを、考えてみた。

今日も起きあがれた。立てた。座れた。着替えられた。えらい。

療養ライフ最大の難関

「起きて立って座る」。

これがいかに大変か。

ケガやそれなりに大きな病気を経験したことがあれば

おわかりになるはず。

1日の準備ができただけでめっけもんです。

そういうすごくレベル低いところをクリアしていること、

足元を固められていることを、まず褒めてみましょう。

これならたぶん誰でもできる。

良心の呵責にも負けずに、ちゃんと休めてる。寝られてる。えらい。

休むことがすさまじい良心の呵責なのですよね。

でも体のために休んでいることは、すごく褒められるべきことだなと。

これもたぶん誰にでもできる。

「正論」で自分の成功体験を打ち消さないこと

「でも本当はもっとしっかりして勉強や仕事をしないと」

「体調悪いのだって、体調管理も仕事のうちなんだから、

できていない自分が悪い」

「ほかのひとに迷惑をかけているのだから」

これらのロジックはド正論なのですが

落ちこんでいるところにふっかけられると

致命傷になりかねないことなのでほっときましょう。

この記事の目的は

「うつ状態や落ちこんでいる状態から

浮かび上がるためにはどうしたらよいか」

を考えることなので

「正論」問題についてはまた別の記事を書きます。

「できていること」を打ち消してもいいことない。落ちこんだら「できたこと」を考える。

私はこの方程式を見つけて実践したら

一気に楽になりました。

「正論」「成功体験」についてもまた別記事に仕立てたいと思います。

「オレはだめなんだ……」

そんな虚脱感におそわれたら

自分が積みあげてきた足元のいろんなものを

もう一度見つめてみれば、

ふわっと浮かび上がれますよ。

「つらいことや悲しいこと5分考えるなら、その5分で楽しいこと考えればいい」

――NHK「ねほりんぱほりん」『パリピ編』より

ではまたネットの海で。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする