ブログが続かない私に宛てる私からの手紙

拝啓、あなたはブログをサボっていますね。

もちろんそれがただの怠けだけではないことを

わたしは知っているつもりです。

家の中の多忙なこと、

ほかのライティングの仕事、

生命を賭けると決めた小説の執筆、それも新人賞のもの、

2匹の犬の散歩、合計1時間……

しかし事実をありのままに見れば

「毎日更新する」という目標をないがしろにし

のんべんだらりと青空文庫で太宰治を読み(昨日・6月19日は桜桃忌)

だめ人間の歌を歌っているご様子。

あなたは何のためにサーバーレンタル代金

8,000円/1年間を

なけなしのお財布をはたいて出したというのですか。

それでは出したお金に失礼です。

あなたがよい記事を書きたいがために

凝り性になる性分であることも

私は知っています。

けれども

あなたに必要なのはまず、

ブログ記事の量をこなすことです。

あなたの野望はどこへ行きましたか。

それはそんなに貧弱なものでしたか。

あなたには夢があったはずです。

ブログでお金を稼げるようになる、というのは

記事さえ書けば

あなたなら可能である話なのです。

ではどうすればいいか、とあなたは訊くのですね。

あなたにとてもシンプルな方法を教えてあげましょう。

まずあなたは朝起きて、着替えたあとに

さっそく仕事(ライティングであれ小説であれ)に

とりかかる仕事バカです。

だから疲れて起きて遅くとも朝10時には

パソコンをたちあげています。

パソコンを立ちあげた最初の1時間を

ブログを書く時間にあててください。

これはとてもシンプルでしょう。

もちろん変則させても構いません。

すべての仕事が終わった、夜9時から先の時間を

ブログを書く時間にあてるというのも

悪くないスケジュールです。

あるいは集中力の切れる午後の時間帯に

ブログタイムを設けるのもひとつの手。

まずあなたの記事の文字量では

30分で記事を書くというのはえらいこっちゃですから

1時間と言うのです。

あとはおいおい、私のほうからお手紙をさしあげることにしましょう。

これは「ブログが書けない私のために」私が書く

私への最初の手紙です。

私はあなたにいつもよりそい

あなたの努力を見守ることでしょう。

やる気がなくても、1時間書いてください。

1日、朝10時から夜9時まで書きつづける

あなたなら可能なことです。

次に書くのは、ネタ集めについてですが

1,000字に届きそうなのでまた今度にしましょう。

(1,000字をあなたはあっという間と言いますね、

20分で書けたのだから、他の記事は楽勝なはずです。)

できると信じるのではありません、

できるのです。

1時間、わかりましたね。

それでは健闘を祈ります。

ではまたネットの海で。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする