ジャパンネット銀行を解約してきた!電話で解約するのがカンタン!

節約系ミニマリストライフハック

まったく使わないジャパンネット銀行を解約することにした

 

10年近く前に、仕事の都合で作ってから、休眠口座だった

私のジャパンネット銀行口座。

 

一時期勢いよかったですが、最近あまり見ませんね、ジャパンネット銀行…

 

 

ログインIDとかすべて忘れてしまい、

手元にあるのはカードと、電池の切れたトークンのみ。

 

残高もたしかゼロ円……。

 

トークンが使えない以上、

ジャパンネット銀行自体を使おうにも使えないため、解約を決意しました。

ログインできない場合の解約方法は【電話】で

すがすがしいほど、すべてを忘れはてていたため、

とりあえず解約方法をググりました。

 

IDなどがわかれば、インターネット上からも解約できます。

参考:参考:口座解約|ジャパンネット銀行

 

でも今回、IDどころか暗証番号すら忘却した私は、

電話での手続きに。

 

 

【実録】ジャパンネット銀行を解約してみた

カスタマーサービスにかけるとオペレーター直通

ナビダイヤルとかじゃなく、速攻でオペレーターさんに繋いでもらえます。

さんざん音声ガイダンス聞いたあとに繋げてもらえるような

サービスとは違うのが、ちょっとうれしいですね。 電話代ェ……

 

応対してくれたのは、温和そうなおにいさん。

 

口座解約の旨を言うと一瞬絶句しましたが

すぐさま手続きに移ってくれました。

本人確認に必要なもの

暗証番号、IDその他カンペキに忘れはてていた私。

「それでは電話によるご本人様確認に移らせていただきます」

 

必要なのは以下の情報。

 

・口座番号(ジャパンネットバンクのカード)

・名前

・生年月日

・住所(郵便番号から)

・登録した電話番号

 

登録した電話番号が照会できた段階で、

その電話番号に、カスタマーサービス側から

すぐさま折り返して電話が来ます。

 

これで本人確認完了。

 

2営業日後に解約手続き完了

 

解約完了の連絡などは特に行っておらず、

2営業日後までに何もなければ

解約は無事にできたと思ってよいそうです。

 

私は残高0円だったため、これ以上の手続きはなく。

20分ほどで手続きが済みました。

ちなみに「解約の理由」

 

解約時に「解約理由」は聞かれませんでした。

しかし今回ジャパンネット銀行を解約する唯一かつ最大の原因は…

 

トークン更新がややこしい

トークン更新ができなかったゆえに、

使わないというか使えないのです。

 

使わないからいっかーと思って放置していたら、

「トークンを更新してください」とメールがガンガン来て。

 

更新しようにも、運転免許証を持っていない私。

住民票をとらなければならず、

その手数料や煩瑣な書類郵送などなど……

 

昨今のネット銀行サービスは、クラッキング対策として

メールに依るワンタイムパスワード認証、Q&Aの本人認証など

さまざまな工夫がなされていますが

 

トークンのこの機材は古いよなぁ……と。

なくしたら、元も子もないし。

 

ジャパンネット銀行の電話解約はあっけないほどカンタンだった!

 

ビックリのカンタンさです。

ネットで解約可能という段階で大丈夫なんだろうか……と思わないでもないですが、

時間と手間がかからなくて、まあよかったです。

 

 

ちなみに、カードはハサミで裁断して処分。

トークンは、自治体によって違いますが、不燃ゴミとして処理してよいようです。

 

トークンをオークションとかリサイクルショップとかに

持っていくのは N G 。

ジャパンネット銀行さんから怒られます。

ほら、書いてある。

 

そんなこんなで、また1つ身の回りがスッキリ。

ではまたネットの海で。

 

日野成美 拝

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

投稿者プロフィール

日野成美
日野成美うつヌケフリーライター/節約ミニマリスト
「今あるお金を、楽しく。」
ふつうに豊かに暮らしたい、と好景気を夢見てきた元うつ病人平成元年生まれアラサー。
No.1セールスライター・コンテンツライター・Webマーケター
特技は「雑誌のキャッチコピーを読んで、狙っている読者層と記事スポンサーを当てること」「狙った読者層をネクストアクションに誘導する文章を書くこと」「ひらがな・カタカナ・漢字の使い分けの解説」

14歳で重度うつ病と診断。30歳のとき、なけなしの貯蓄口座残高50万円を全額セルフケアに投資して、17年間戦ったうつ病をわずか1年半で克服しました。
以後、今あるお金や資源を有効活用するPDCAを回すことが得意に。
月10万円一人暮らし時代を経て、現在は夫(分析担当)といっしょにフリーランスのセールスライター・SEOライターとして活躍。

「ふつうに豊かに暮らす」の難易度がエクストリームモードの現代において、お金を楽しく回すためのメソッドを発信するブログとして運営中です。

「商品が売れるセールスレターがほしい」「CVR上げたい」「お金の稼ぎ方を知りたい」など、ご依頼はメールフォームからお気軽に。

コメント

タイトルとURLをコピーしました